it-swarm-ja.com

再インストールせずにWindows XPでAHCIを有効にする方法

この質問は、新しいSSDドライブを取り付ける前にしなければならないことの大規模なリストの一部ですが、私はそれ自身の質問に値すると思います。

現在の設定:Windows 6XPがSATA 6Gbps HDDにインストールされているデュアルブートマシン。 BIOSは常にIDEモードに設定されています。このため、BIOSでAHCIに変更しようとすると、WindowsにAHCIドライバがないため起動しません。

私はすでに私がOS全体を再インストールすることでこれを達成できることを知っています。しかし、可能であれば、再インストールせずにAHCIを有効にしたいのですが。

  • WindowsでAHCIにドライバを変更することは可能でしょうか? (たとえば、デバイスマネージャを使用して)。可能であれば、BIOSをIDEモードにしたままドライバを変更した瞬間にOSがクラッシュしますか

  • そうでない場合は、Windowsのディスクを使用して部分的な修復を行ってそれをインストールする方法はありますか?そのような方法が存在する場合、現在の設定とアプリケーションは変更されませんか?

前もって感謝します。

更新
私のサウスブリッジはIntel(R)ICH10Rです。私はすでにマザーボードのディスクにある正しいドライバを持っています。ドライバは32ビットOSと64ビットOSで異なるため、正しいドライバを選択することが重要です。ファイルは「iaStor.inf」と「iaAHCI.inf」と呼ばれます。

15
Mister Smith

家に着いた後、そして全くXDで何のバックアップもしないで、私はついに仕事を終えました。

10分もかかりませんでした。私の方法は このブログ投稿 に基づいているので、その作者は最も信用に値するものです。また、このリンクをすぐにコメントとして投稿した Bob についても言及する必要があります。それでも私は私が従ったステップを投稿したいのですが、いくつかの違いがあり、それは他の人々にとって役に立つかもしれません。

私はギガバイトのボードを使っていますが、それにはAHCIドライバなどを含むユーティリティDVDが付属しています。これが私のインスタレーションです。

  1. (このステップはギガバイトMBの所有者だけのためです。どこか別の場所にドライバを持って行き#3に行くことができます)USBMドライブまたはハードドライブパーティションに\ BootDrvフォルダに移動してファイルMSM32.exeをコピーしてください。これは32ビットOS(Windows XP)用の正しいファイルです。マザーボードのマニュアルによると、それはWindows Vista 32bit用に選択するものでもあります。 64ビットOSをお使いの場合は、代わりにMSM64.exeをコピーしてください。 MSM2k.exeという名前のものがもう1つあります。Windows2k用のドライバだと思いますが、ここで推測しています。

  2. あなたがそのファイルをコピーしたフォルダで、それをダブルクリックすると、それはファイルを抽出するために確認を求めているコマンドラインプロンプトを開くでしょう。 「はい」と入力してから入力します。そのフォルダーにいくつかのファイルが解凍されます。これらは実際のドライバです。これらのファイルは、デバイスマネージャにドライバを検索する場所を指示するために必要です。デバイスマネージャを開き、[IDE ATA/ATAPIコントローラ]ノードを展開します。私の場合は、通常のIDEチャネルと、一般的な2つのIntel ICH10 SATAコントローラがリストされています。これらはWindowsによってインストールされた一般的なドライバです、そして、私はこれらが働かないことをあなたに言うことができます(BIOSでAHCIを有効にすることをテストして、OSをロードしようとするとビープ音と再起動をもたらしました)。

  3. SATAコントローラを1つ選択します - >それを右クリックします - >ドライバの更新 - >リストまたは特定の場所からインストールする(詳細) ) - > "検索しない"ラジオボタンをチェックして次へ - >をクリック "disc" - >"browse"ボタンをクリックして、コピー元のフォルダを選択します。 CDまたはDVDにドライバがある場合は、ファイル選択ダイアログで.INFファイルが検索され、サブフォルダを参照できないため、ルートフォルダにAUTORUN.INFファイルが含まれていないことを確認してください。

  4. これでドライバの一覧に少なくとも新しいオプションが追加されました。ここで私は自分のチップセット(ICH10R)に正しいものを選択しました。 Windowsは警告メッセージを表示します。はいをクリックします。

  5. ドライバがインストールされ、Windowsが再起動を要求しますが、再起動しないでください。代わりに、デバイスマネージャで残りのSATAコントローラを選択し、#3と#4を繰り返します。

  6. 2回目のドライバのインストール後、Windowsは再起動を要求しません。しかしこれでを再起動する時が来ました。コンピュータが起動したらすぐにBIOSに入る準備をしてください。

  7. BIOSの変更(私の場合、 "Integrated peripherals" - > "SATA RAID/AHCIモード" IDEモードからAHCIへ。これはあなたのシステムとBIOSによって変わるかもしれません、そしてもしAHCIオプションが利用可能でないならばあなたはRAIDを選択する必要さえあるかもしれません。このトピックがよりよく説明されているこのサイトにもっと良い質問があるので、私はそれを詳しく調べません。私の場合は、IDE/AHCIの直後に "SATA port0-3 native mode"という2番目のオプションがありました。無効になっていました。有効にしました。私のマザーボードマニュアルにあるこのオプションの説明は、DISABLEDはSATAコントローラがレガシーIDEモードで動作することを可能にし、ネイティブモードをサポートしないOS(Windows 9X/MEのような)のために選ばれるべきです。 Windows XPはネイティブモードをサポートしているので、有効にしました。より現代的なOSもそれをサポートするだろうと思います。 BIOSを保存して起動を続けます。

  8. Windowsは正しくロードされています。新しいAHCIモードの既存のドライブを認識し始め、黄色い泡が表示されます。その後、2回目の再起動を要求します。再起動するには[OK]を選択します。

  9. Windowsが再びロードされ、今回はすべての準備が整いました。

9
Mister Smith

AHCIモードを変更しないと使用できない理由から始めます。 Windowsをインストールすると、AHCI/RAIDとして認識されるストレージコントローラがある場合は、AHCI/RAIDドライバのみがインストール(有効化)されます。 Windows Vistaと7には(通常)ドライバはとにかくありますが、通常は無効にします。 Vistaと7には一般的なAHCIドライバが付属しており、コントローラ製造元からハードウェア固有のドライバが提供されている可能性があります。 'FakeRAID'にはメーカー提供のドライバが必要です。 一般的なAHCIドライバは、素早く簡単にレジストリを変更することで有効にすることができます。

ただし、Windows XPには汎用AHCIドライバは付属していません。つまり、AHCIはそのままではサポートされていません。理由? Intelは、2003年中頃にAHCI規格の予備的(完全ではない!)仕様をリリースしました - XPが最初にリリースされてから1年半後。 MicrosoftはAHCIドライバをサービスパックの一部として含めるのに適していないようだ。

マザーボードの製造元はAHCIドライバをCDまたはそのWebサイトに含めることがよくあります。このドライバは、ストレージコントローラの製造元、通常はIntel CPUを搭載したシステム上のIntelによって提供されます。他のいくつかの候補はnVidia(nForce)とMarvell(一部のAMDボードで)です。それらは一般的に交換可能ではありません。

XPをインストールするとき、フロッピーディスクからAHCIドライバをロードするか(!!!)、またはインストールCDにスリップストリームすることが可能です。ただし、既存のインストールにドライバを追加したいと思います。

  1. 最初のステップは、ストレージコントローラの製造元、または少なくともマザーボードのチップセットを決定することです。これは通常マザーボードの仕様に記載されています。

  2. 次のステップは、システムの復元ポイントが利用可能であることを確認することです。システムの復元は通常ドライバの変更をロールバックできるため、ドライバのインストール中の間違いから保護することができます。

  3. それからそれはあなたのコントローラー製造業者にすべて依存しています。正しいレジストリエントリを挿入することができる多くのレジストリスクリプトがあります(ドライバファイルが必要であり、ダウンロードは頻繁に提供されます)。これはハードウェアに非常に特有なので、その情報を提供するか自分で検索する必要があります( Google から始めるのが良いでしょう。

    マザーボードの製造元がXP専用のSATAドライバインストーラパッケージを提供している場合は、まずそれをインストールしてみてください。うまく動かない場合や提供されていない場合は、手動でドライバをインストールする必要があります。彼らが全くドライバーを提供しないならば、あなたがすることができる多くはありません。

    個人的には、うまくいかない場合は レジストリ以外の方法 をお勧めします。これには、デバイスマネージャでSATAコントローラエントリを選択し、Update Driversオプションを使用して製造元から入手するAHCI/RAIDドライバを選択します。 Intelの場合は、インストーラパッケージから手動で抽出する必要があります。 nVidiaはIDEモードでハードウェアIDを変更するので、この方法はnForceチップセットでは不可能な場合があると言う人もいます。それはすべてあなたのコントローラ製造元によります。

はい、私はストレージコントローラ、チップセットとマザーボードを多少互換的に使用しています。多くの場合、コントローラはチップセットの一部です。特定のマザーボードモデルのチップセット(および/またはコントローラ)はほとんど同じです。

13
Bob

"ドライバの更新"メソッドは私にはうまくいきませんでしたが、私は他の簡単な方法を見つけ、うまくいくことを保証しました。

私のPC上で上記の方法を試してみると、ドライバが完全に更新される前に再起動しました。 Ivy Bridge(Z77)マザーボードがあります。

だから私はこのようにしました

XPモードで機能しているIDEを使用して、次の手順を実行します。

  1. マザーボードのCDからIntel RSTドライバパッケージを探します(またはCDを持っていない場合は最新版をダウンロードします)。 2つのファイルiaAHCI.infとiaStor.sysを取得するためにこれを抽出します。

  2. ここからレジストリファイルを入手してください。彼の短い説明を読み、それが言うようにしなさい。そして_07b-AHCI-SATA-forPE.regファイルを編集してIntel 7シリーズAHCI SATAを追加します。メモ帳で前の手順で取得したiaAHCI.infを開きます。レジストリファイルの2つの古いエントリをコピー/貼り付けし、iaAHCI.infにある値で新しい2つのエントリを変更します。変更した_07b-AHCI-SATA-forPE.regファイルとiaStor.sys(手順1から)をそれぞれ別のフォルダーに入れます。

  3. BartPEディスクを作る - Bart's PEビルダー をダウンロードしてインストールし、ここでRegistry Editor PE plugin v1.0aを入手してください( http://regeditpe.sourceforge.net )。 XPインストールCDをフォルダに入れます。 SP3が必要です。必要に応じて、( http://www.nliteos.com/download.html )からnLiteを使用して、CDにSP3をスリップストリームできます。 nLiteでisoを作ったり焼き付けたりしないでください。 BartPE用のスリップストリームソースだけが必要です。 BartのPE Builderを起動します。ビルダーで、XP SP3をソースとして含むフォルダーを選択し、_07b-AHCI-SATA-forPE.regおよびiaAHCI.infをカスタムファイルのソースとして置くフォルダーを追加します。 BartPEディスクを作ります。そして最後に、PluginsボタンをクリックしてダウンロードしたRegistry Editor PE pluginを追加してください。レジストリエディタのPEプラグインが有効になっていることを確認してください。それではisoをビルドしてから空のCDに焼いてください。

  4. BartPE CDで起動します。 Bart PEメニュー(左下隅)で、Registry Editor PEを使用して、実際のXPシステムのレジストリをロードします。メッセージが表示されたら、Okをクリックします。通常のRegeditウィンドウで、FileメニューのImport ...で_07b-AHCI-SATA-forPE.regファイルをインポートし、iaStor.sysをC:ドライブの\ windows\system32\driversフォルダにコピーします。 2ファイルは、BartPEディスクのルートフォルダーにあるか、PE Builderにそれらをどのように組み込んだかに応じて、フォルダー内または個別のファイルとして配置する必要があります。

  5. XPインストールのレジストリが変更されて保存され、iaStor.sysがsystem32\driversフォルダーにコピーされます。これでBIOSに再起動してSATAをAHCIモードに設定してからBIOSを保存してXPインストールに再起動できます。 XPは新しいハードウェアを検出してインストールします。待つと、再起動するように指示されます。この再起動後、SATAデバイスがAHCIモードで動作していることがデバイスマネージャに表示されます。 Intel RSTパッケージを通常の方法でインストールして、そこからすべてのソフトウェアを入手することをお勧めします。全部できた :)

注:将来のニーズに応じて、SATAをRAIDで実行する必要がある場合は、_07b-RAID-SATA-forPE.regをプロセスに含めることをお勧めします。そのファイルを編集する必要はありません。BartPEに含めて、レジストリエディタPEでインポートするだけです。

3
andersos

ここや他の場所で見つけたオプションの中には、MSI GA-MA790XT-UD4P上のAMD SB750チップセットではうまく機能しなかったものがあるので、完全自動と手動のレジストリハッキングの中間にある代替方法を使いました。 。

私はMSIのWebサイトからドライバをダウンロードして解凍しました。それから私は手動でINFファイルをインストールしました:

rundll32 setupapi.dll,InstallHinfSection Napa_Inst 132 .\ahcix86.inf

DefaultInstallセクションがないため、INFの右クリックインストールは機能しません。Napa_Instは、INFファイルのセクションプレフィックスです。 install関数のドキュメントはこちら です(Googleの場合はCLIからINFをインストールできる他の関数呼び出しもあります)。これによりドライバファイルがSystem32\Driversにコピーされ、サービスのレジストリエントリが作成されました。しかし、それはまだブート時には存在せず、BSODになりました。私は これらの命令 の一部を使って重要なデバイスデータベースエントリを作成しました。

HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CriticalDeviceDatabase\PCI#VEN_1002&CC_0106\Service -> "ahcix86" (REG_SZ)
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CriticalDeviceDatabase\PCI#VEN_1002&CC_0106\ClassGUID -> "{4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}" (REG_SZ)

クラスGUIDは、INFファイルの値と一致します。ベンダーIDはAMD用であり(これもINFファイルに示されています)、互換性コードはAHCI用です。リンクに従って、0104はRAIDに使用できます。

その後、Windowsは適切に起動し、新しいデバイスを検出して、もう一度再起動を求めます。今はすべて問題ありません。

2
Sam Brightman

私はP5Gd1 Pro(ASus)マザーボードにデュアルブートXPとWindows 7を搭載しています。何時間もインターネットを検索した後の最も簡単な方法は試行錯誤とイメージの再インストールでしたが、もっと簡単な方法があります....あなたがグーグルすることができるCPU Z(cpuid)をインストールするならば、メインボード上でそれはあなたにサウスブリッジバージョンを教えてくれるでしょう。そうすれば、この情報からあなたの運転手を識別することができます。

サウスブリッジバージョンが必要です。デバイスマネージャからataストレージコントローラ用のアップデートドライバを使用してドライバをインストールすると、多数のバージョンが表示されるためです。間違ったバージョンを選択すると、起動できないことがあります。私のようにあなたのイメージを再インストールする必要があります...

P5Gd1 Pro(そして他のどのマザーボードでも)私にとってうまくいった手順は、ドライバディスクのintel AHCIフォルダを使って(グーグルか82801FBドライバのために何かできるなら)それからドライバを更新することだったデバイス内のATAストレージコントローラを管理します。 [disc]を選択し、Intel用のドライバファイル、または使用しているバージョンを参照してから、CPUZに表示されているものをサウスブリッジバージョンと一致するドライバを選択します。あなたのサウスブリッジを識別するためにCPUZを使うことはあなたが私がしたことをしてそしてあなたが困難な方法を見つけることをしなかったことをあなたを救うでしょう。それからどのウィンドウでもとにかくyuに尋ねるでしょう再起動し、BIOSを入力してIDE設定のためにAHCIを有効にしてください。その後、ディスクを起動してインストールし、もう一度再起動するように求めます。

また、ソリッドステートドライブに更新する場合、これは以前の1/3にあなたの速度を増加させるでしょう...

運転手を確認してから5分で完了します。どのチップセットを識別するためにあなたはCPUID(CPU Z)または他のシステム情報プログラムのような何かを使うことができて、あなたのサウスブリッジバージョンを識別します。

0
Philip Penny

既存のWindowsでAHCIを有効にするXPインストール。

  1. お使いのマザーボードの製造元からIntel Sata RAID/AHCIストレージドライバフロッピー(F6を使用したWindowsのセットアップ中に使用)をダウンロードし、HDのディレクトリにファイルを抽出します。

  2. デバイスマネージャで、既存のIDE ATA/ATAPIコントローラを変更します。

    a。 IDE ATA/ATAPIコントローラを開く(+をクリック)
    b。リストされている最初のIntelコントローラを右クリック
    c。 [ドライバの更新]を選択します。
    d。 [いいえ、今回は接続しません。一覧または特定の場所からインストールする(詳細)]を選択します。
    e。 [検索しないで、インストールするドライバを選択します]を選択します。
    [...] f。標準デュアルチャネルPCI IDEコントローラを選択し、次へをクリックします(再起動しないでください)。
    [...] g。手順cを繰り返します。 fへ2番目のコントローラー用

  3. リブート。

  4. デバイスマネージャで、既存のIDE ATA/ATAPIコントローラのドライバを更新します。

    a。 IDE ATA/ATAPIコントローラを開く(+をクリック)
    b。最初の標準デュアルチャネルPCI IDEコントローラを右クリックします。
    c。 [ドライバの更新]を選択します。
    d。 [いいえ、今回は接続しません。一覧または特定の場所からインストールする(詳細)]を選択します。
    e。 [検索しないで、インストールするドライバを選択します]を選択します。
    [...] f。 「Have disk」をクリックして、AHCIドライバのあるディレクトリに移動します。
    [...] g。 iaAHCI.infを選択して[次へ]をクリックします
    [...] h。警告を無視して再起動します

    (これらの手順でブルースクリーンが表示されてシステムが再起動した場合は、2番目のコントローラでも同じ手順を繰り返します)

  5. リブート

  6. システムBIOSを入力し、コントローラをAHCIに変更して保存します。

システムはAHCIモードで動作します。

おそらく、Intel Matrix Storage Managerをインストールすることができます。よくわかりませんが、パフォーマンスが向上する可能性があります。

0
user222912