it-swarm-ja.com

7-Zipを使用して.tar.gzを1ステップで解凍するにはどうすればよいですか?

Windows XPで7-Zipを使用しています。tar.gzファイルをダウンロードするたびに、ファイルを完全に解凍するには2つのステップが必要です。

  1. example.tar.gzファイルを右クリックして、コンテキストメニューから7-Zip - > Extract Hereを選択します。 。
  2. それから結果のexample.tarファイルをもう一度右クリックして、7-Zip - > Extract Hereを選択します。コンテキストメニュー.

コンテキストメニューを使用してこれを1ステップで実行する方法はありますか?

79
quickcel

あんまり。 .tar.gzまたは.tgzファイルは、実際には2つのフォーマットです。.tarはアーカイブ、.gzは圧縮です。そのため、最初の手順で解凍し、2番目の手順でアーカイブを抽出します。

すべてを1つのステップで実行するには、tarプログラムが必要です。 Cygwin にこれが含まれています。

tar xzvf foobaz.tar.gz

; x = eXtract 
; z = filter through gZip
; v = be Verbose (show activity)
; f = filename

7-Zip GUIでファイルを開くことによっても「ワンステップ」で行うことができます。.tar.gzファイルを開き、含まれている.tarファイルをダブルクリックして、希望の場所にそれらのファイルを抽出します。

Tgzファイルとbz2ファイルのワンステップ処理を要求したり投票したりする人たちの長いスレッド がここにあります 。これまでのところ欠けている行動は、誰かが有意義に行動して貢献するまでは起こらないことを示しています(コード、お金、何か)。

45
quack quixote

昔の質問ですが、今日は苦労していたので、ここに私の2cがあります。 7Zipコマンドラインツール "7z.exe"(私はv9.22をインストールしています)は標準出力に書き込み、標準入力から読み込むことができるので、中間のtarファイルを使わずにパイプを使って行うことができます。

7z x "somename.tar.gz" -so | 7z x -aoa -si -ttar -o"somename"

どこで:

x     = Extract with full paths command
-so   = write to stdout switch
-si   = read from stdin switch
-aoa  = Overwrite all existing files without Prompt.
-ttar = Treat the stdin byte stream as a TAR file
-o    = output directory

コマンドラインコマンドとスイッチの詳細については、インストールディレクトリのヘルプファイル(7-Zip.chm)を参照してください。

Regeditまたは stexbar のようなサードパーティ製のツールを使用して上記のコマンドを呼び出す.tar.gz/.tgzファイルのコンテキストメニューエントリを作成できます。

21
user2856

7-Zip 9.04以降、プレーンな.tarファイルに中間記憶域を使用せずに結合抽出を実行するためのコマンドラインオプションがあります。

7z x -tgzip -so theinputfile.tgz | 7z x -si -ttar

入力ファイルの名前が-tgzipではなく.tgzである場合、.tar.gzが必要です。

7
Joachim Sauer

Windows XPを使用しているので、デフォルトでWindows Scripting Hostがインストールされているはずです。それが言われているので、これはあなたが必要とすることをするためのWSH JScriptスクリプトです。コードをファイル名xtract.batまたはその行に沿ったもの(拡張子.batが付いているものであれば何でもかまいません)にコピーして実行してください。 :

xtract.bat example.tar.gz

デフォルトでは、スクリプトはスクリプトのフォルダと7z.exeに対するシステムのPATH環境変数をチェックします。ファイルの外観を変更したい場合は、スクリプトの先頭にあるSevenZipExe変数を実行可能ファイル名に変更します。 (たとえば、7za.exeまたは7z-real.exe)SevenZipDirを変更して、実行可能ファイルのデフォルトディレクトリを設定することもできます。 7z.exeC:\Windows\system32\7z.exeにある場合は、次のように入力します。

var SevenZipDir = "C:\\Windows\\system32";

とにかく、これがスクリプトです。

@set @junk=1 /* vim:set ft=javascript:
@echo off
cscript //nologo //e:jscript "%~dpn0.bat" %*
goto :eof
*/
/* Settings */
var SevenZipDir = undefined;
var SevenZipExe = "7z.exe";
var ArchiveExts = ["Zip", "tar", "gz", "bzip", "bz", "tgz", "z", "7z", "bz2", "rar"]

/* Multi-use instances */
var WSH = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var FSO = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var __file__ = WScript.ScriptFullName;
var __dir__ = FSO.GetParentFolderName(__file__);
var PWD = WSH.CurrentDirectory;

/* Prototypes */
(function(obj) {
    obj.has = function object_has(key) {
        return defined(this[key]);
    };
    return obj;
})(this.Object.prototype);

(function(str) {
    str.trim = function str_trim() {
        return this.replace(/^\s\s*/, '').replace(/\s\s*$/, '');
    };
})(this.String.prototype);

(function(arr) {
    arr.contains = function arr_contains(needle) {
        for (var i in this) {
            if (this[i] == needle) {
                return true;
            }
        }
        return false;
    }
})(this.Array.prototype);

/* Utility functions */
function defined(obj)
{
    return typeof(obj) != "undefined";
}

function emptyStr(obj)
{
    return !(defined(obj) && String(obj).length);
}

/* WSH-specific Utility Functions */
function echo()
{
    if(!arguments.length) return;
    var msg = "";
    for (var n = 0; n < arguments.length; n++) {
        msg += arguments[n];
        msg += " ";
    }
    if(!emptyStr(msg))
        WScript.Echo(msg);
}

function fatal(msg)
{
    echo("Fatal Error:", msg);
    WScript.Quit(1);
}

function findExecutable()
{
    // This function searches the directories in;
    // the PATH array for the specified file name;
    var dirTest = emptyStr(SevenZipDir) ? __dir__ : SevenZipDir;
    var exec = SevenZipExe;
    var strTestPath = FSO.BuildPath(dirTest, exec);
    if (FSO.FileExists(strTestPath))
        return FSO.GetAbsolutePathName(strTestPath);

    var arrPath = String(
            dirTest + ";" + 
            WSH.ExpandEnvironmentStrings("%PATH%")
        ).split(";");

    for(var i in arrPath) {
        // Skip empty directory values, caused by the PATH;
        // variable being terminated with a semicolon;
        if (arrPath[i] == "")
            continue;

        // Build a fully qualified path of the file to test for;
        strTestPath = FSO.BuildPath(arrPath[i], exec);

        // Check if (that file exists;
        if (FSO.FileExists(strTestPath))
            return FSO.GetAbsolutePathName(strTestPath);
    }
    return "";
}

function readall(oExec)
{
    if (!oExec.StdOut.AtEndOfStream)
      return oExec.StdOut.ReadAll();

    if (!oExec.StdErr.AtEndOfStream)
      return oExec.StdErr.ReadAll();

    return -1;
}

function xtract(exec, archive)
{
    var splitExt = /^(.+)\.(\w+)$/;
    var strTmp = FSO.GetFileName(archive);
    WSH.CurrentDirectory = FSO.GetParentFolderName(archive);
    while(true) {
        var pathParts = splitExt.exec(strTmp);
        if(!pathParts) {
            echo("No extension detected for", strTmp + ".", "Skipping..");
            break;
        }

        var ext = pathParts[2].toLowerCase();
        if(!ArchiveExts.contains(ext)) {
            echo("Extension", ext, "not recognized. Skipping.");
            break;
        }

        echo("Extracting", strTmp + "..");
        var oExec = WSH.Exec('"' + exec + '" x -bd "' + strTmp + '"');
        var allInput = "";
        var tryCount = 0;

        while (true)
        {
            var input = readall(oExec);
            if (-1 == input) {
                if (tryCount++ > 10 && oExec.Status == 1)
                    break;
                WScript.Sleep(100);
             } else {
                  allInput += input;
                  tryCount = 0;
            }
        }

        if(oExec. ExitCode!= 0) {
            echo("Non-zero return code detected.");
            break;
        }

        WScript.Echo(allInput);

        strTmp = pathParts[1];
        if(!FSO.FileExists(strTmp))
            break;
    }
    WSH.CurrentDirectory = PWD;
}

function printUsage()
{
    echo("Usage:\r\n", __file__, "archive1 [archive2] ...");
    WScript.Quit(0);
}

function main(args)
{
    var exe = findExecutable();
    if(emptyStr(exe))
        fatal("Could not find 7Zip executable.");

    if(!args.length || args(0) == "-h" || args(0) == "--help" || args(0) == "/?")
        printUsage();

    for (var i = 0; i < args.length; i++) {
        var archive = FSO.GetAbsolutePathName(args(i));
        if(!FSO.FileExists(archive)) {
            echo("File", archive, "does not exist. Skipping..");
            continue;
        }
        xtract(exe, archive);
    }
    echo("\r\nDone.");
}

main(WScript.Arguments.Unnamed);
4

ご覧のとおり、7-Zipはこれではあまり得意ではありません。 は2009年から tarballのアトミック操作を求めてきました。 これはGoの小さなプログラム (490 KB)ですそれができます、あなたのために、I それをコンパイルしました

package main
import (
  "archive/tar"
  "compress/gzip"
  "flag"
  "fmt"
  "io"
  "os"
  "strings"
 )

func main() {
  flag.Parse() // get the arguments from command line
  sourcefile := flag.Arg(0)
  if sourcefile == "" {
    fmt.Println("Usage : go-untar sourcefile.tar.gz")
    os.Exit(1)
  }
  file, err := os.Open(sourcefile)
  if err != nil {
    fmt.Println(err)
    os.Exit(1)
  }
  defer file.Close()
  var fileReader io.ReadCloser = file
  // just in case we are reading a tar.gz file,
  // add a filter to handle gzipped file
  if strings.HasSuffix(sourcefile, ".gz") {
    if fileReader, err = gzip.NewReader(file); err != nil {
      fmt.Println(err)
      os.Exit(1)
    }
    defer fileReader.Close()
  }
  tarBallReader := tar.NewReader(fileReader)
  // Extracting tarred files
  for {
    header, err := tarBallReader.Next()
    if err != nil {
      if err == io.EOF {
        break
      }
      fmt.Println(err)
      os.Exit(1)
    }
    // get the individual filename and extract to the current directory
    filename := header.Name
    switch header.Typeflag {
    case tar.TypeDir:
      // handle directory
      fmt.Println("Creating directory :", filename)
      // or use 0755 if you prefer
      err = os.MkdirAll(filename, os.FileMode(header.Mode))
      if err != nil {
        fmt.Println(err)
        os.Exit(1)
      }
    case tar.TypeReg:
      // handle normal file
      fmt.Println("Untarring :", filename)
      writer, err := os.Create(filename)
      if err != nil {
        fmt.Println(err)
        os.Exit(1)
      }
      io.Copy(writer, tarBallReader)
      err = os.Chmod(filename, os.FileMode(header.Mode))
      if err != nil {
        fmt.Println(err)
        os.Exit(1)
      }
      writer.Close()
    default:
      fmt.Printf("Unable to untar type : %c in file %s", header.Typeflag,
      filename)
    }
  }
}
2
Steven Penny

Windows 10 build 17063以降、tarcurlがサポートされています。そのため、以下のようにtarコマンドを使用して.tar.gzファイルを1ステップで解凍することができます。

tar -xzvf your_archive.tar.gz

tarの詳細については、tar --helpを入力してください。

1
Juniver Hazoic

7zaは以下のように正しく動作します。

7za.exe x D:\pkg-temp\Prod-Rtx-Service.tgz -so | 7za.exe x -si -ttar -oD:\pkg-temp\Prod-Rtx-Service
0
Alan Hu