it-swarm-ja.com

WindowsでSecurity Essentialsのサポート終了警告を無効にするXP

現在のバージョンのMicrosoft Security EssentialsがWindows XPに表示されるという「このオペレーティングシステムのサポートは終了しています」という警告を無効にすることはできますか?

Support ending notification

簡単な検索に基づいて、この警告はSecurity EssentialsのKB2949787アップデートに追加されたようですが、そのアップデートだけを元に戻す方法はわかりません。

さておき:きっと人々は尋ねようとしているから、これを私がしたい理由はここにある:

  • もうすぐ移行する予定です
  • 警告はそれについて何もできない他の人々を悩ませています
  • 警告状態ではオレンジ色の警告アイコンとポップアップが使用されるため、認識しにくくなることを知っておく必要があると思われる本当のウイルス対策警告が表示されます。日付の定義と最近のクイックスキャンの欠如、そのような「本当のウイルス対策警告」ではありません。)
19
rakslice

Workaround

サポート終了のポップアップ通知を無効にすることはできません。また、ダウングレードは実際には選択できません。MicrosoftSecurity Essentials(MSE)は、遅かれ早かれ、自動的にアップグレードされます。それでもアップグレードを妨げることを試みることができますが、古いMSEバージョンがいつものようにまだアップデートを受け取るという保証はありません。

実行可能なユーザーインターフェイスによって通知が生成されることを考慮すると、最新のエンジンを維持しながら、以前のバージョンで上書きすることができます。

更新(2014年5月30日)

@ saulius2によるコメントによると、レジストリの変更は改ざんの脅威として検出されました。私の以前の方法は、悪意のある目的のためにマルウェア作成者によって悪用されてきました。そのため、MSEはそれについて不満を述べました。この問題を解決するために、私は別のアプローチに切り替えました。以前にこの回避策を適用した場合は、手順6〜7をもう一度繰り返してください。

WindowsではMSE定義シグネチャが更新されなくなるため、最終的には 別のウイルス対策 ソリューションに切り替える必要があります。XP 2015年7月14日以降。ただし、以下の手順でうまくいくはずです。

  1. MSEインストーラーのバージョン4.4.304.0のコピーを入手してください。どの言語でも構いません。下記のファイル情報をご覧ください。
  2. 管理者アカウントでログオンし、 7-Zip を使用してmseinstall.exeファイルを抽出します。
  3. x86フォルダーを開き、7-Zipを介してepp.msiを抽出します。
  4. 抽出したmsseces.exeファイルをmsseces2.exeに名前変更します。
  5. msseces2.exeをMSEインストールフォルダにコピーします(例:C:\Program Files\Microsoft Security Client)。
  6. コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力するか貼り付けて、キーを押します。 Enter

    reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run" /v "MSC" /t REG_SZ /d "\"%programfiles%\Microsoft Security Client\msseces2.exe\" -hide -runkey" /f
    
  7. Windowsを再起動してください。

MSEが将来アップグレードされる場合は、ほとんどありませんが、手順6〜7を繰り返してください。

スクリーンショット

2014年4月8日まで

MSE screenshot 1MSE screenshot 3 MSE screenshot 4

2014年4月8日以降:

MSE screenshot 5MSE screenshot 6 MSE screenshot 7

後に

MSE screenshot 8 MSE screenshot 10

クリックすると拡大表示されます。


追加情報

Microsoft Security Essentials は、WindowsではダウンロードできませんXP 2014年4月8日以降。MicrosoftSecurity Essentialsが既にインストールされている場合は、引き続きマルウェア対策シグネチャの更新を受け取ります。 2015年7月14日まで.

出典: WindowsのサポートXPエンタープライズビジネスのサポートは終了しています

バージョンアップグレード

バージョン4.5.216.0 of Microsoft Security Essentials が2014年3月26日にデプロイされました。WindowsXPでは、「潜在的に保護されていません」というステータスが恒久的に黄色/黄色になりました。

4月8日以降、Windowsの日付サポートXPが終了し、ステータスは "危険"を示す赤になりました。

これは仕様によるものです。 Windows XPサポート終了は2014年4月8日です

  • アップグレード後、Windows XPでMicrosoft Security EssentialsのステータスをGreenに変更することはできません。
  • 他の問題が検出されない場合、Microsoft Security Essentialsの通知トレイアイコンは赤または黄色/黄色のままです。
  • アップグレードは自動的にアップグレードされるため、アップグレードをアンインストールして前のバージョンに戻すことはできません。

出典: Windows上のMicrosoft Security Essentials 4.5.216.0 XP - 危険にさらされた状態> 2014年4月9日

ファイル情報

マイクロソフトはWindows XPでMSEをダウンロード用に提供しなくなったため、古いセットアップパッケージを提供できるサードパーティに頼る必要があります。以下は、公式の米国英語(en-US)インストーラおよびユーザーインタフェースの実行可能ファイル(言語に依存しない)の基本的な詳細とハッシュです。

File:    mseinstall.exe
Size:    10.6 MiB (11125072 bytes)
Version: 4.4.304.0
---
CRC32:   26db621c
MD5:     f406bac9cfb876eff01314f18cda746c
SHA1:    6ea36a8b108517a4dc692afc30aad122af543239
SHA256:  6b5846385cd3bd3e7b9ddb2f8667c2f927ff17c47d6891b526895614539dbd02

File:    msseces.exe
Size:    926.2 KiB (948440 bytes)
Version: 4.4.304.0
---
CRC32:   8fb6f338
MD5:     03396637e1e1b4e333d00aed86178918
SHA1:    59203d5d1c5d78e30f0c3d0e9b364f37a2558cf8
SHA256:  cf582487e856d01c960392ac658e8d36a92f2b2b4b9aea9bfc9e6f75fbad6571

言語によってセットアップパッケージが異なります(したがって詳細が異なります)が、それらのすべてにmsseces.exeファイルの同一コピーが含まれています。このファイルには、Microsoft Corporationによるデジタル署名およびMicrosoft Time-Stamp Serviceによる副署が必要です。両方の署名が有効でなければなりません。ファイルのプロパティダイアログを開いて確認できます。

ダウンロードリンク

あなたはこれらのうちのどれでも使うことができるか、あるいはあなた自身で代わりの情報源を見つけることができます。実際のファイル名は異なる可能性がありますが、上記の他の詳細は正確に一致する必要があります

十分に自信を持って感じるために、あなたのアンチウイルスを使ってファイルをスキャンし、 VirusTotal にコピーをアップロードしてください。可能であれば、最初に安全な環境でプログラムをテストしてください。完了したら、実行可能ファイルのバックアップを作成します。

寿命末期のステータス

[MSE]はまた、現在のOSの寿命が近づいている場合、そのOSの現在の寿命を示すレジストリ[値]を提供します。 [それは] EndOfLifeState [と呼ばれ、] HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Antimalwareに格納されています。

ステージ1:OSはサポート終了に近づいていますこのステージでは、OSはサポートライフサイクルの終わりに近づいています。 [MSE]は通常どおり動作します。

ステージ2:猶予期間OSはサポート終了となりましたが、マルウェア対策プラットフォームサービスはまだ実行中であり、定義の更新を受け取ることができます。たとえば、Windows XPの場合、猶予期間ステージは2014年4月8日に始まります。

ステージ3:マルウェア対策サービスが停止しましたマルウェア対策サービスを開始できなくなり、コンピュータにマルウェア対策定義の更新が届かなくなります。したがって、[MSE]はもはやあなたのコンピュータを保護するのに役立ちません。たとえば、Windows XPの場合、このステージは2015年7月14日に始まります。

出典: OSがサポート終了になった後のFEPおよびSCEPのマルウェア対策保護サポート

公式の情報筋が言っているにもかかわらず、第3段階は予想よりも早く起こるかもしれません。 。

28
and31415

面白いことに、マイクロソフトは自動アップデートによって新しいSEバージョン(4.5.216、ナギングスクリーン付き)をプッシュしていますが、それでも以前のバージョン(4.4.304)は手動でダウンロードできます。彼らが4.5バージョンをXPユーザーだけにプッシュしたとしても私は驚かないでしょう。

とにかく、解決策は:

  1. 手動でSecurity Essentialsをダウンロードする こちら 。後で使用するために保管してください。
  2. 設定画面に進みます。
  3. 「ソフトウェア」を選択してSecurity Essentialsをアンインストールします。
  4. [自動更新]を選択し、2番目の可能性を選択します(ダウンロードしてインストールを依頼します)。
  5. ダウンロードしたSecurity Essentialsのバージョンをインストールします。
  6. Windows Updateが初めてSEを更新するように要求したとき、あなたは「いいえ」と言って、この更新について再び煩わされたくないということをクリックします。
3
jmmk

アップデートを削除するには、コントロールパネルを開きます。プログラムの追加と削除の下にあるすべてのウィンドウのアップデートを表示をクリックします。それからあなたのアップデートを見つけてそれをアンインストールします。それでもうまくいかない場合は、システムの復元を試してください。

0
Tim Jonas