it-swarm-ja.com

シャドウコピーを作成するために利用できるWindows 8.1の不十分なストレージ

[注:問題のステートメントを入力した後、 この質問 が見つかりました。これは明らかに同じ問題です。多分私たちの一人が良い答えを得るでしょう...]

Windows 8で「Windows 7ファイルリカバリ」ツールを使用して、外部USBハードドライブにシステムイメージのバックアップを作成しました。新しいWindows 8.1マシンを構築し、そのマシンの最初のシステムイメージバックアップを同じUSBハードドライブに作成したいと考えています。 "Windows 7 File Recovery"ツールはWindows 8.1にはありませんが、wbAdminは正常に機能しています:

wbAdmin start backup -backupTarget:\\?\Volume{2a2b...994f} -allCritical -quiet

このテキストが表示されて失敗します:

wbadmin 1.0-バックアップコマンドラインツール
(C)Copyright 2013 Microsoft Corporation。全著作権所有。

ボリューム情報を取得しています...
これにより、(EFIシステムパーティション)、(C :)、リカバリ(300.00 MB)が\?\ Volume {2a2b1255-3a86-11e3-be86-b8ca3a83994f}にバックアップされます。
F:へのバックアップ操作を開始しています。
バックアップ用に指定されたボリュームのシャドウコピーを作成しています...
バックアップ操作の要約:

バックアップ操作が完了する前に停止しました。
バックアップ操作が完了する前に停止しました。
詳細なエラー:エラー-ボリュームシャドウコピーサービスの操作エラーが発生しました:
(0x8004231f)シャドウコピーストレージファイルまたは他のシャドウコピーデータを作成するために利用可能なストレージが不足しています。

EFIシステムパーティションは100 MBです。
リカバリパーティションは300 MBです
Cパーティションは1.72 TB、NTFS、218 GB使用、1.51 TB free
宛先ドライブは1.81 TB、NTFS、678 GB使用、1.15 TB free

エラーに変更はなく、vssadmin resize shadowstorageをいじっています。 vssadmin list shadowstorageは次を表示します:

シャドウコピーストレージの関連付け
ボリュームの場合:(C:)\?\ Volume {37a0 ... 263} \
シャドウコピーストレージボリューム:(C:)\?\ Volume {37a0 ... 263} \
使用中のシャドウコピーストレージ容量:2.39 GB(0%)
割り当てられたシャドウコピーストレージ容量:2.81 GB(0%)
最大シャドウコピーストレージ容量:531 GB(30%)

ボリュームのシャドウコピーストレージの関連付け:(F:)\?\ Volume {2a2 ... 94f} \
シャドウコピーストレージボリューム:(F:)\?\ Volume {2a2 ... 94f} \
使用されているシャドウコピーストレージ容量:334 GB(17%)
割り当てられたシャドウコピーストレージ容量:337 GB(18%)
シャドウコピーの最大ストレージ容量:制限なし(922154758%)

(うん、UNBOUNDEDの「パーセント計算」は真剣に偽です。)

SFC /verifyonlyを実行しましたが、満足しています。バックアップ操作を開始すると、新しい「ボリュームシャドウコピー」サービスが開始することを確認しました。

助言がありますか?

16

MSDNテクニカルサポートインシデントを焼き、サポートエンジニアと電話で話をしました。彼は、Windows 8.1がインストールされているUEFIシステムでこの問題を再現しました。ボリュームシャドウサービス(VSS)はFAT32 EFIパーティションのシャドウコピーを作成できないため、wbAdminコマンドの-AllCritical修飾子はUEFIシステムでは機能しないことがわかりました。

解決策は、Cパーティションを明示的にバックアップすることです-allCriticalオプションなし):

wbAdmin start backup -backupTarget:E: -include:C:

「このバックアップを使用してシステム回復を実行することはできません」という警告は無視できます。システムの復元操作中に、リカバリパーティションとEFIパーティションの両方が復元されます。 (理にかなっています...それらは最初のシステムインストール中に作成されたので、Windowsは明らかにそれらを再度作成する方法を知っています。)


この問題に関連するいくつかのメモ:

  1. 「リカバリ」パーティションは誤称であることに注意してください。そのパーティションは、実際にはブートパーティションです。レガシー(非UEFI)システムでは、「システム予約」パーティションが同じ目的を果たします。

  2. 「バックアップ」ドライブ上のファイルを管理するには、vssadminコマンドラインツールを使用します。具体的には:

    • vssadmin list shadowsは、バックアップドライブに保存されている番組のコピー(つまり、「バックアップ」)を表示します。バックアップの実行中、シャドウコピーはバックアップされるドライブ上にあるものとして表示されます。バックアップ操作では、最初にバックアップ対象のボリュームにボリュームシャドウコピーが作成され、シャドウコピーがバックアップドライブに移動されます。

    • vssadmin delete shadowsを使用すると、バックアップドライブから古いシャドウコピーを選択的に削除できます。

  3. パーティションを復元するには、バックアップディスクを接続し、Windows 8.1配布メディアから起動します。 「コンピュータの修復」、「システムイメージの回復」の順に選択します。復元プロセスが完了すると、EFIパーティションとバックアップパーティションも復元されます。 (または、少なくともMicrosoftのエンジニアを主張します。これが正しいことを確認していません。)

  4. ここに役立つかもしれないいくつかのリンク(マイクロソフトのテクニカルサポート担当者の礼儀)があります:

編集:

システムイメージバックアップが実際にWindows 8.1に存在していることを発見しました。コントロールパネル/ファイル履歴を表示すると、リンクはウィンドウの左下隅にあります。 Scott Hanselmanには 件名に関するブログエントリ があります。

17