it-swarm-ja.com

日本語Windowsでバックスラッシュ/円/¥文字を入力するにはどうすればよいですか?

米国のキーボードを備えたUbuntu12.04ホストでVirtualBoxを実行しています。仮想マシンは、日本語のWindows Server 2008 R2(標準)を実行しています。コマンドプロンプトからcd \したい。

日本語Windowsでは、円記号文字は円記号 [[1][2] に置き換えられているため、代わりにcd ¥を使用します。

VM内でバックスラッシュキーが]にマップされていますが、バックスラッシュ/円にマップするキーが見つかりません。いくつかの画像 [3][4] を見て、日本人の同僚と話をした後(そして、彼らにどのようにタイプするかを彼らに実演してもらいました)結論に達しました私の米国のキーボードには、必要なキーが事実上ありません。

VMから円記号をコピーすると、ホストにバックスラッシュとして貼り付けられます。ホストからバックスラッシュをコピーすると、円としてVMに貼り付けられます。したがって、VMの間に、またはVMおよびホストIはcd ¥でき、(労力を要して)目的の結果を達成できます。しかし、もっと単純なものが必要です。

¥文字を入力するために押すことができるキーの組み合わせは何ですか?

6
david.libremone

ゲストOSのキーボードレイアウトを変更するだけです。実際に日本語がわからない場合は少し難しいですが、アイコンとコントロールの場所に基づいて理解することはできます。

  1. コントロールパネル(すぐ上のセパレータに注意してください):図1
  2. 地域と言語(地球と時計のアイコンに注意):図2
  3. キーボードと言語(3番目のタブ):図3
  4. キーボードの変更(唯一のボタン):図3
  5. 言語の追加(上部のボタン。リスト内のインストールされている言語の横にある英語の文字が付いた青い四角にも注意してください):図4
  6. 英語(米国)(en-usまたは英語(アメリカ)を検索):図5

そうすれば、ゲストOSは日本語のままですが、キーボードレイアウトは英語なので、正しく応答するはずです。

(許可されている場合は、ゲストOSの 言語を変更 を英語に変更することをお勧めします。)

図1:日本語のスタートメニューのコントロールパネル

enter image description here

図2:日本語コントロールパネルの地域設定

enter image description here

図3:日本語の地域設定ダイアログのキーボードと言語

enter image description here

図4:[言語の追加]ボタン

enter image description here

図5:日本語の「英語(US)」

enter image description here

3
Synetech

YenALT+0165を入力し、バックスラッシュにALT+92を入力すると、英語版のWindowsで機能し、日本語のWindows ServerOSでも機能するはずです。

Ubuntuに関しては、入力方法が違うようです。この post では、CTRL+SHIFT+Uを使用する必要があること、およびCTRL+SHIFTタイプ0165を保持していることを説明しています。

または、Ubuntuでは、16進数で0165(A5)に相当するものが、U:CTRL+SHIFT+A5と入力しなくても直接機能する場合があります。バックスラッシュの場合、16進数でCTRL+SHIFT+U+92またはCTRL+SHIFT+5Cになります。

2
mtone

これにはALTコードを使用することで可能です。このような情報を持つ多くのWebサイトがあります。

ALT Codes.org

テンキーのないラップトップキーボードの場合は、次の回答を確認してください。

特殊文字にOSKを使用

0
climenole