it-swarm-ja.com

画面回転のホットキー(Ctrl + Alt + Up)が反応しない、何が起こっているのですか?

先日、息子(11か月)が私のラップトップに新しいホットキーの組み合わせを発見しました。多くの方がご存知のように(先日までは知りませんでした)、インテルグラフィックスを搭載したマシンでは、Ctrl + Alt + {矢印}を押すと画面が回転します。ショックから立ち直り、横向きに少しググリングして修正方法を見つけた後、これが実際に役立つと判断しました。私はたくさんのオンラインマニュアルを読みましたが、回転させると画面にフィットします。ラップトップなので、本のように持って読んだ。それは昨日午後ずっとうまくいきました。

しかし、今日、職場で同じラップトップを使用してこの新しいトリックを友人に見せようとしたところ、Ctrl + Alt + Upが機能しなくなったことがわかりました。通常の方向以外の任意の方向に回転できます。他の何かがこのホットキーを傍受していると思いますが、何ができるのでしょうか?

18
user31948

動かなくなって、ショートカットキーを使用して画面を通常の位置に回転させることができない場合は、

  • [コントロールパネル]> [ディスプレイ]に移動します
  • [方向]> [横]を選択します

Display Panel Screenshot

画面が通常に戻るはずです。

8
Kartik Sinha

マウスカーソルは、変更する画面上にある必要があります。
変更を行った後、カーソルは常にデフォルトでプライマリ画面に戻ります。

2
Chris S

また、グループポリシーを使用して無効にすることもできます。これは、タブレットPCがない環境では、多くのIT部門が当然行うことです。

そうしないと、画面を180度回転させて無力になり、モニターを横向きにして操作しようとする人から、ときどき必死の電話を受けます。

1
Satanicpuppy

また、デフォルトのキーが機能しないという問題も一度はありました。IntelGM855のチップセットを搭載したノートブックだと思います。私がこの問題を解決したのはこのツールだったと思います:iRotate http://www.entechtaiwan.com/util/irotate.shtm

1
index

Ctrl + Alt + upは画面を通常の方向に向けます。画面がすでに正しい方向を向いている場合は何もしません。他の方向に変更するには、左矢印、右矢印、または下矢印を使用します。

0
Ashley

キーの組み合わせは、デバイスドライバー/ソフトウェアによって異なります。 Intelグラフィックスを搭載したコンピューターの場合、 Intelコントロールパネル が必要です。新しいシステム(DCHドライバー)の場合、Windowsアプリは「Intel Graphics Command Center」と呼ばれます。

キーの組み合わせを有効にするには、システムホットキーを有効にする必要があります。私の場合、ここにあります:

enter image description here

0
PNDA

Windows 10ラップトップでは、ふたを閉じて(ふたを閉じると何もしないように設定されています)画面を回転させ、別の部屋に運びました。

ふたを開けると画面が回転していた。

CTR+ALT+{Arrow key}ショートカットですが、適切なドライバーがインストールされているとは思わないため、ショートカットは効果がありませんでした。

ラップトップをいじった後、持ち上げて動かすと、画面が縮小して黒い境界線が表示され、ラップトップの向きに関係なく、1秒後に全画面に戻ります。

少し振って横にして、そのまま1秒ほど放置すると、画面が横向きになります。

これは、ラップトップの加速度計を使用して、動きを検出し、iPadと同じように向きを変更する必要があります。

唯一の問題は、あまり正確ではないことです。そのため、ラップトップを振って、向きを変えて正しい向きにしようとする必要がありました。

本当に奇妙ですが、うまくいけば、これが奇妙な方向に行き詰まり、ショートカットキーが機能しない誰かを助けます。

0
Chris Magnuson