it-swarm-ja.com

Ubuntu 14.04 LTS <-> Windows 7共有

私はUNIXの初心者であり、Ubuntu PCとWindows 7 PCをLANで接続するのに少し苦労しています。

まず最初に、sambaをインストールし、CLIとGUIの両方を介して共有フォルダーを作成しました。

Windows PCでは、[コントロールパネル]-> [ネットワークと共有センター]-> [共有の詳細設定]にあるように、すべてのネットワーク設定をセットアップしました。

WindowsラップトップとWindowsデスクトップでネットワーク共有が機能していますが、Ubuntuラップトップがネットワークリストに表示されず、Windows PCでもネットワーク上のUbuntuラップトップが表示されません。

Ubuntuのラップトップに入ったらsmb.configファイルをアップロードするので、この作業をするのを忘れた場合に備えて、最初にこれを書いたことがわかります。

そして、はい、私のWindows PCとUbuntu PCは同じワークグループに属します。

1
Nino Vela

UbuntuとWindows 7でファイルを共有するには、それらが同じワークグループの一部になるように構成する必要があります。また、Ubuntuでファイル共有を有効にする必要があります。

Ubuntu Linuxに共有サービスをインストールする

Ubuntuで呼び出される共有サービスまたはSambaは、デフォルトではインストールされません。 Sambaのインストールプロセスは、使用する方法によって複雑さが異なります。 Sambaをインストールする最も簡単で簡単な方法を紹介します。

まず、Ubuntuで、[場所]メニューにある[ホームフォルダー]を開きます。

次に、このウィンドウから任意のフォルダーを右クリックして、コンテキストメニューを開きます。コンテキストメニューから、[共有オプション]をクリックします。

これにより、フォルダ共有ウィンドウが開きます。 [このフォルダを共有]の横にあるチェックボックスをオンにします。

共有サービスがインストールされていないことを示す警告ウィンドウがポップアップ表示されます。 [サービスのインストール]ボタンをクリックします。

注:この警告が表示されない場合、共有サービスが既にインストールされており、ファイルとフォルダーを共有できるはずです。ワークグループを変更するには、次のセクションの指示に従ってください。

次に、ユーザーアカウントのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。インストールプロセスが開始されます。

数秒後に、すべての変更が正常に適用されたことが通知されます。 [閉じる]をクリックすると、Ubuntuはセッションの再起動を要求します。

開いているファイルがある場合は保存し、[セッションを再開]をクリックします。再起動後、共有サービスがインストールされ、完全に機能します。

Ubuntuでワークグループを構成および変更する

ほとんどの場合、デフォルトでUbuntu、Windows、およびMac OS Xのワークグループ名は同じであり、実際には「ワークグループ」であるため、ワークグループ名を変更する必要はありません。ただし、変更する必要がある場合は、このセクションで説明する手順に従ってください。

ターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力します:gksudo gedit /etc/samba/smb.conf

次に、を押す Enter。このセッションで以前にターミナルを使用したことがない場合、Ubuntuはユーザーアカウントのパスワードの入力を求めます。

次に、Samba構成ファイルがgeditウィンドウで開きます。必要に応じて、[グローバル設定]セクションでワークグループの行が見つかるまでスクロールします。

enter image description here

Ubuntuコンピューターを追加するワークグループの名前と一致するように、ワークグループ名を編集します。

[保存]をクリックしてUbuntuを再起動すると、新しい設定が適用されます。

:Windowsコンピューターを含むネットワークがある場合、Ubuntuコンピューターと同じワークグループが設定されていることを確認する必要があります。

Ubuntuでファイルを共有するには

共有するフォルダーを参照します。それを右クリックしてコンテキストメニューを開き、[共有オプション]をクリックします。

[フォルダ共有]ウィンドウが開きます。 [このフォルダを共有]の横にあるチェックボックスをオンにします。次に、[共有名]フィールドに、使用する共有名を入力します。 [コメント]フィールドに必要なものを入力するか、空のままにしてください。入力する必要はありません。共有しているフォルダーで他のユーザーがファイルを作成および削除できるようにするには、[他のユーザーがこのフォルダーでファイルを作成および削除できるようにする]の横のボックスをオンにします。また、ゲストアクセスを許可する場合は、[ゲストアクセス(ユーザーアカウントを持たないユーザー向け)]の横にあるチェックボックスをオンにします。完了したら、[共有の作成]をクリックして、実際にフォルダーを共有します。

[他のユーザーにこのフォルダ内のファイルの作成と削除を許可する]オプションを選択した場合、ポップアップが表示され、共有しているフォルダにいくつかの権限を追加するかどうかを尋ねられます。 [権限を自動的に追加する]ボタンをクリックします。これで、フォルダはネットワークの他の部分と共有されました。

:ホームフォルダー内で検出または作成されたフォルダーのみを共有することをお勧めします。これらは、ユーザー名が所有権を持つフォルダーであるためです。ホームフォルダー外のフォルダーを共有しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。net usershare returned error 255: net usershare add: cannot share path as we are restricted to only sharing directories we own.これらのフォルダーの所有権がないため、このエラーが表示されます。それらを共有するには、Ubuntuコンピューターにセキュリティリスクを追加する可能性がある複雑な手順を実行する必要があります。

Windows 7からUbuntu共有フォルダーにアクセスする

Ubuntuでフォルダーを共有したら、Windows 7コンピューターからそのフォルダーにアクセスする方法を見てみましょう。

Windowsエクスプローラーを開きます。 [ネットワーク]をクリックして、ネットワークで使用可能なすべてのコンピューター(その時点でオンになっている)のリストを表示します。

アクセスするUbuntuコンピューターをダブルクリックします。そのコンピューターのすべての共有フォルダーとデバイスのリストが開きます。

アクセスするフォルダをダブルクリックします。ゲストアクセスを許可する共有フォルダーを設定していない場合は、ユーザー名とパスワードを入力するよう求められます。

最初の入力フィールドに、Ubuntuコンピューターの名前を入力し、その後にバックスラッシュ(「\」)と共有フォルダーへのアクセス権を持つユーザーアカウントの名前を入力します。2番目の入力フィールドにパスワードを入力します。ユーザー名とパスワードを覚えて、「資格情報を記憶する」の横にあるチェックボックスをオンにし、完了したら「OK」をクリックします。

これで、共有フォルダーのコンテンツが表示されます。

参照: http://www.7tutorials.com/how-access-ubuntu-shared-folders-windows-7

1
Jeremy