it-swarm-ja.com

VistaおよびXPで管理共有を有効にする方法は?

XPとVistaの両方で管理共有を有効にする方法を探しています。管理用共有の使用に関しては、私はまったくの初心者です。これがどのように機能するかについての経験はありません。私が達成しようとしていることは、必ずしも個々のディスクパーティションを共有したり、ディスクパーティションの所有権を取得したりすることなく、2台のコンピューター間でファイルを自由に交換できるセットアップを作成することです。

コンピュータ1

  • OS:XP Pro SP2
  • ホスト名:TOSH
  • ワークグループ:WORKGROUP
  • IP:10.0.0.1
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ:空白
  • DNS:空白
  • Microspoofネットワークのクライアントが有効(ジョーク!)
  • Microsoftネットワークのファイルとプリンターの共有が有効
  • Windowsファイアウォールでのファイルとプリンターの共有の例外
  • ファイアウォール:Windowsファイアウォールが無効、カスペルスキーがインストールされているが無効
  • ユーザー:デカルト(管理者)、管理者(組み込み管理者、有効)、ガスト(組み込みゲスト)
  • テストユーザー:Testuser1(管理者、自分で作成)
  • 共有:共有ドキュメント(デフォルト)

コンピューター2

  • OS:Vista SP2
  • ホスト名:GIGA
  • ワークグループ:WORKGROUP
  • IP:10.0.0.2
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ:空白
  • DNS:空白
  • Microsoftネットワーク用クライアントが有効
  • Microsoftネットワークのファイルとプリンターの共有が有効
  • Windowsファイアウォールでのファイルとプリンターの共有の例外
  • ファイアウォール:Windowsファイアウォールが無効、サードパーティのファイアウォールなし
  • 上のネットワーク検出
  • 上のファイル共有
  • 共有フォルダの共有
  • プリンター共有オフ
  • パスワード保護共有オフ
  • メディア共有オフ
  • ユーザー:Sammy(管理者)、Administratör(組み込み管理者、無効)、Gast(組み込みゲスト)
  • テストユーザー:Testuser1(管理者、自分で作成)
  • 共有:パブリック(デフォルト)
  • テスト共有:共有1(自分の作成)

Descartes @ TOSHがローカルで、Sammy @ GIGAがリモートの場合:

  • \\10.0.0.2\c$にアクセスできません
  • \\10.0.0.2\にアクセスできます
  • \\10.0.0.2\Publicにアクセスできません
  • \\10.0.0.2\Share 1にアクセスできません

Descartes @ TOSHおよびSammy @ GIGAとしてログオンしました。 \\10.0.0.2\c$にアクセスしようとすると、ユーザー名とパスワードを要求するダイアログボックスが表示されます。私はSammy @ GIGAの認証情報を使用します。他のパスにアクセスしようとしてもダイアログボックスは表示されず、\\10.0.0.2は通常のネットワーク共有@GIGAを表示し、\\10.0.0.2\Public..\Share 1はエラーメッセージを表示します。

Testuser1 @ TOSHがローカルで、Sammy @ GIGAがリモートの場合:

  • \\10.0.0.2\c$にアクセスできません
  • \\10.0.0.2にアクセスできます
  • \\10.0.0.2\Publicにアクセスできません
  • \\10.0.0.2\Share 1にアクセスできます

Testuser1 @ TOSHとしてログオンするとすぐに..\Share 1にアクセスできますが、..\Public共有と..\c$管理共有にはまだアクセスできません。ここで奇妙なことが起こっていると思います。最低でも、パブリック共有は問題なくアクセスできる必要があります。 Vistaでパブリック共有の共有オプションと権限を確認したところ、問題はないようです。

Sammy @ GIGAがローカルで、Descartes @ TOSHがリモートの場合:

  • \\10.0.0.1\c$にアクセスできません
  • \\10.0.0.1にアクセスできます
  • \\10.0.0.1\Shared Documentsにアクセスできます

\\10.0.0.1\c$にアクセスしようとすると、ユーザー名とパスワードを要求する同じタイプのダイアログボックスが表示されます。 Descartes @ TOSHの資格情報を使用してログオンします。しかし、ログオンは失敗します。

ログオンに失敗しました:

Windowsがログオンできません。

ユーザー名とパスワードが正しいことを確認してください。

デカルトに使用した資格情報は正しいことを知っています。これは別のことです。

TOSHの管理共有:

C:\WINDOWS>net share

Resursnamn   Resurs                          Anmärkning

---------------------------------------------------------------
IPC$                                         Fjärr-IPC
print$       C:\WINDOWS\system32\spool\drivers
                                             Skrivardrivrutiner
C$           C:\                             Standardresurs
ADMIN$       C:\WINDOWS                      Fjärr-admin

GIGAの管理用共有:

C:\Windows\system32>net share

Share name   Resource                        Remark

-----------------------------------------------------------
ADMIN$       C:\Windows                      Fjärradmin
B$           B:\                             Standardresurs
C$           C:\                             Standardresurs
Q$           Q:\                             Standardresurs
E$           E:\                             Standardresurs

共有は他にもありますが、c$共有が両方のコンピュータにリストされていることがわかります。

いくつかの調査の後、Vistaで管理共有を有効にする方法を見つけました。 Microsoft KB記事 947232 を参照してください。基本的に、新しいWindowsレジストリ値を作成するか、既存のWindowsレジストリ値を編集するだけです。次のエントリが必要です。

Key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
Value: LocalAccountTokenFilterPolicy
Value type: DWORD
Value data: 1 (0x00000001)

このビットをレジストリに追加した後、Vistaコンピュータの管理共有c $に接続できました。現在のところ:

Descartes @ TOSHがローカルで、Sammy @ GIGAがリモートの場合(このmodを使用):

  • \\10.0.0.2\c$にアクセスできます
  • \\10.0.0.2にアクセスできます
  • \\10.0.0.2\Publicにアクセスできません
  • \\10.0.0.2\Share 1にアクセスできません

どういうわけか、私はまだパブリックまたはシェア1共有にアクセスできません。しかし、F DOS!重要なのは、Vistaでc $にアクセスできるようになったことです。そうすれば、私はそれらすべてを支配することができます! :)もちろん、以前と同様に、XPにTestuser1としてログオンすると、共有1にもリモートアクセスできます。

今、唯一の問題は、XPでこれをどのように行うかです。または、これはWindows XPコンピュータでも必要ですか?私が理解していることから、これはWindows Vista、7および8でのみ必要なことですか?...

または、上記のMicrosoft KB記事を引用するには:

既定では、Windows Vista以降のバージョンのWindowsでは、ローカルアカウントがネットワーク経由で管理共有にアクセスすることを禁止しています。

では、Windows XPは、管理共有を有効にするためにレジストリmodを必要とするのでしょうか?どっち?同じレジストリ値(LocalAccountTokenFilterPolicy)をXPコンピュータに複製しようとしましたが、うまくいきませんでした。 Windowsネットワーキングの経験が豊富な誰かが助けてくれることを期待して、SUでこの非常に長い質問/問題を入力しています。

これまでに試したこと:


上記のレジストリmodに加えて、次のレジストリエントリをXPコンピュータに追加しようとしました。

Key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\LanmanServer\Parameters
Value: AutoShareWks
Value type: DWORD
Value data: 1 (0x00000001)

私も0を使用しようとしましたが、役に立ちませんでした。

また、cmdのnetコマンドを使用して共有に接続しようとしました。

C:\Windows\system32>Net Use /user:Descartes \\10.0.0.1\c$ ********
System error 5 has occurred.

Access is denied.


C:\Windows\system32>
8
Samir

Problemz zolved!

まず、XPのデカルトアカウントに問題があったと思います。それはセキュリティポリシーと関係があるべきです。 DescartesまたはTestuser1としてログインしているかどうかは問題ではありません。両方が管理者アカウントである限り、VistaコンピューターのPublicなどのデフォルトの組み込み共有にアクセスできます。 Testuser1が(私が自分で作成した)Share1共有にアクセスできるのはまったく意味がありませんが、デカルトはそれができず、Vistaの組み込みのPublic共有にはアクセスできません。

同時に、VistaコンピュータのSammyは、XP上の共有ドキュメント共有に問題なくアクセスできます。これは想定されている方法です。簡単に実行できるはずです。逆に、Vistaのパブリック共有にアクセスします。WindowsVista、7以降のパブリック共有は、以前のバージョンのWindowsでは共有ドキュメント共有と呼ばれていましたが、VistaコンピュータのSammyはまだアクセスできませんでした。 XPのc $共有ですが、なぜそれを修正するのか、そしてその方法を知っています。

セキュリティポリシーをいじくり回したりする代わりに、Windows XPのクリーンインストールを行うことにしました。だから私は新鮮に始め、物事は今うまくいきました。だから私はここで私の発見を共有したいと思いました。 noobzと呼ばれる "expertz"の両方がこれを実行できるように、これを非常に単純にします。

Vistaでファイル共有と管理共有を有効にする

管理共有にアクセスするために最初に必要となるのは、パスワードが設定された管理者アカウントです。それでは、最初にそれを見てみましょう。

管理者アカウントの作成

  1. スタートをクリックします。
  2. Control Panelをクリックします。
  3. User Accounts and Family Safetyをクリックします。
  4. User Accountsをクリックします。
  5. [別のアカウントを管理]をクリックします。 UACによってプロンプトが表示されたら、[続行]をクリックします。すでに管理者アカウントを持っているがパスワードがない場合は、手順8に進みます。管理者アカウントをお持ちでない場合、または2つ目の管理者アカウントを追加する場合は、次の手順を参照して作成してください。新しい管理者アカウントを作成するには、管理者としてログインする必要があります。
  6. リンクCreate a new accountをクリックします。
  7. 新しいユーザー名を入力し、Administratorを選択して、Create Accountをクリックします。新しいアカウントがアカウントのリストに表示されます。
  8. アカウントにパスワードを追加するには、アカウント名をクリックします。
  9. リンクCreate a passwordをクリックします。
  10. パスワードを入力し、Create passwordをクリックします。アカウントは「パスワード保護」として表示されます。
  11. [アカウントの管理]ウィンドウを閉じます。できた!

これは「スーパーユーザー」のサイトなので言うまでもありませんが、とにかく言っておきます。以前に新しい管理者アカウントを作成したことがある場合は、現在のアカウントからログアウトし、新しいアカウントでログインして使用する必要があります。管理者アカウントですでにログインしていて、パスワードを追加しただけの場合は、ログアウトする必要はありません。

Screeniez ...

scrn1scrn2scrn3scrn4scrn5scrn6scrn7scrn8scrn9

これで問題が解決したので、ファイル共有が有効になっていることを確認する必要があります。

ファイル共有を有効にする

  1. スタートをクリックします。
  2. Control Panelをクリックします。
  3. Network and Internetをクリックします。
  4. Network and Sharing Centerをクリックします。 [共有と探索]セクションで、Network discoveryFile sharing、およびPublic folder sharingがオンになっていることを確認します。ある場合は、手順8に進みます。ない場合は、次の手順を参照してください。
  5. [ネットワーク探索]の横の矢印をクリックし、[ネットワーク探索をオンにする]を選択して、[適用]をクリックします。 UACによってプロンプトが表示されたら、[続行]をクリックします。
  6. [ファイル共有]の横にある矢印をクリックし、[ファイル共有をオンにする]を選択して、[適用]をクリックします。 UACによってプロンプトが表示されたら、[続行]をクリックします。
  7. [パブリックフォルダーの共有]の横にある矢印をクリックし、[共有を有効にする]を選択して、ネットワークアクセスを持つすべてのユーザーがファイルを開き、変更し、作成できるようにします。プロンプトが表示されたら...あなたはポイントを取得します。
  8. Password protected sharingがオフになっていることを確認してください。オンになっている場合は、オフにする必要があります。
  9. [ネットワークと共有センター]ウィンドウを閉じます。できた!

Screeniez ...

scrn10scrn11

これで問題が解決したので、Windowsファイアウォールが正しく設定されていることを確認する必要があります。

Windowsファイアウォールの設定

  1. スタートをクリックします。
  2. Control Panelをクリックします。
  3. Securityをクリックします。
  4. Windows Firewallをクリックします。
  5. Change settingsリンクをクリックします。 UACからプロンプトが表示されたら、[続行]をクリックします。
  6. ファイアウォールがOnに設定されていること、およびBlock all incoming connectionsがチェックされていないことを確認してください。変更を加えた場合は、Applyをクリックします。
  7. Exceptionsタブをクリックします。Core NetworkingFile and Printer Sharing、およびNetwork Discoveryがチェックされていることを確認します。
  8. [〜#〜] ok [〜#〜]をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。できた!

Screeniez ...

scrn12scrn13scrn14scrn15

これですべてが整理されたので、最後に行う必要があることが1つあります。 Windows Vista以降のバージョンのWindowsでは、管理共有へのアクセスを有効にするためにレジストリを変更する必要があります。

管理共有へのアクセスを有効にする

  1. [スタート]をクリックし、[実行]をクリックします。利用できない場合は、 Win+R 実行プロンプトが表示されます。
  2. regeditと入力して、 Enter。 UACからプロンプトが表示されたら、[続行]をクリックします。
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Systemに移動し、LocalAccountTokenFilterPolicyという名前の値があることを確認します。そこにある場合は、値のデータを変更する必要があるかもしれません。手順5を参照してください。表示されない場合は、次の手順で追加する必要があります。
  4. EditメニューからNewを選択し、次にDWORD(32ビット)値を選択してという名前を付けますLocalAccountTokenFilterPolicy
  5. LocalAccountTokenFilterPolicyを右クリックして、Modifyを選択します。値のデータとして、_1_を入力し、[〜#〜] ok [〜#〜]をクリックします。
  6. Fileメニューから、Exitを選択してレジストリエディターを閉じます。できた!

Screeniez ...

scrn16scrn17

それでおしまい! Windows Vistaの準備が整いました。 Windows XPへ...

XPでファイル共有と管理共有を有効にする

Windows Vistaと同様に、WindowsでもXPする必要があります...

  • 管理者アカウントを持っています。
  • そのアカウントのパスワードを持っています。
  • ファイル共有を有効にします。
  • ファイアウォールを適切に設定する必要があります。
  • 管理共有アクセスを有効にする必要があります。

主な違いは、管理共有を有効にする方法にあります。もう1つの違いは、ファイル共有を有効にする方法です。 Windows XPでは、Vista以降のネットワークと共有センターのように、コントロールパネルに集中管理された場所はありません。ここでは、基本的にファイル共有に関連するすべての設定を行うことができます。代わりに、ファイル共有はネットワーク接続ごとに構成されます。それでそれを見てみましょう。

管理者アカウントの作成

  1. スタートをクリックします。
  2. Control Panelをクリックします。
  3. 左側のペインのクラシック表示に切り替えるリンクをクリックします。 (「カテゴリビューに切り替え」と表示されている場合は、何もする必要はありません。)
  4. User Accountsをダブルクリックします。既に管理者アカウントはあるがパスワードがない場合は、手順9に進みます。管理者アカウントがない場合、または2つ目の管理者アカウントを追加する場合は、次の手順を参照して作成します。新しい管理者アカウントを作成するには、管理者としてログインする必要があります。
  5. リンクCreate a new accountをクリックします。
  6. 新しいユーザー名を入力し、Nextをクリックします。
  7. コンピューター管理者を選択し、アカウントの作成をクリックします。新しいアカウントがアカウントのリストに表示されます。
  8. アカウントにパスワードを追加するには、アカウント名をクリックします。
  9. リンクCreate a passwordをクリックします。
  10. パスワードを入力し、Create Passwordをクリックします。アカウントは「パスワード保護」として表示されます。
  11. [ユーザーアカウント]ウィンドウを閉じます。できた!

Screeniez ...

scrn18scrn19scrn20scrn21scrn22scrn23scrn24scrn25

次に、XPでファイル共有を有効にする方法を見てみましょう。

ファイル共有を有効にする

  1. スタートをクリックします。
  2. Control Panelをクリックします。クラシック表示を使用していることを確認してください。
  3. Network Connectionsをダブルクリックします。
  4. Local Area Connectionをダブルクリックします。
  5. Propertiesをクリックします。
  6. Client for Microsoft NetworksFile and Printer Sharing for Microsoft Networks、およびInternet Protocol(TCP/IP)がチェックされます。
  7. [〜#〜] ok [〜#〜]をクリックして変更を保存し、Closeをクリックしてダイアログボックスを閉じます。できた!

Screeniez ...

scrn26scrn27scrn28scrn29

次に、ファイアウォールの設定を見てみましょう。

Windowsファイアウォールの設定

  1. スタートをクリックします。
  2. Control Panelをクリックします。クラシック表示を使用していることを確認してください。
  3. Windows Firewallをダブルクリックします。
  4. Generalタブで、ファイアウォールがOnに設定されていることと、Do n't allow exceptionsがチェックされていないことを確認します。
  5. Exceptionsタブをクリックし、File and Printer SharingおよびUPnP Frameworkがオンになっていることを確認します。
  6. [〜#〜] ok [〜#〜]をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。できた!

Screeniez ...

scrn30scrn31scrn32

最後に、XPで管理共有がどのように有効になっているかを見てみましょう。

管理共有へのアクセスを有効にする

  1. スタートをクリックします。
  2. マイコンピュータをクリックします。または、 Win+E
  3. Toolsメニューをクリックし、次にFolder Optionsをクリックします。
  4. Viewタブをクリックします。
  5. オプションUse simple file sharingがオフになっていることを確認してください。オンになっている場合は、オフにする必要があります。
  6. [〜#〜] ok [〜#〜]をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。

Screeniez ...

scrn33scrn34

XPの管理共有へのアクセスに問題があるためにこれを読んでいる場合は、「単純なファイル共有」が原因である可能性があります。見た目は「シンプル」で無邪気なようですが、実際にはスポークがホイールに取り付けられています。この1つのオプションを無効にすると、VistaコンピューターからXPコンピューター上の管理共有にアクセスできるようになりました。

これを除いて、他のすべての設定は完全に釘付けにされました。私も知らなかったし、単純なファイル共有のようなものでシステムのセキュリティポリシーを大幅に変更することを期待していなかっただろう。私はこれを偶然発見しましたが、最初は自分では信じていませんでした。したがって、Windows XPを2回再インストールしました。前回、英語版のWindowsに完全に切り替えただけでしたXP Professional with SP2。それはスウェーデン語版と同じ動作で、変更はありません。どちらもクリーンインストールを行いました。

唯一の質問は...これはセキュリティ機能かバグか?...

どちらの場合でも、それがXPの管理共有へのアクセスを有効にする方法です。単純なファイル共有を終了するだけで、残りの設定が正しく行われていれば機能するはずです。一部のユーザーは、シンプルファイル共有を有効にしないと、XPでファイルとフォルダーを共有することが少し難しくなりますが、「スーパーユーザー」にとってそれほど難しくはないでしょうか? XPのユーザーフレンドリーな機能を無効にする必要があるのは厄介です。より高度なものにアクセスするには、Microsoftの愚かな実装です。

簡易ファイルの共有を無効にすると、リモートでアクセスしようとしているディスクの[プロパティ]ダイアログボックスに新しいオプションがいくつか表示されます。それを見てみましょう。

C $が共有されていることの確認

  1. スタートをクリックします。
  2. マイコンピュータをクリックします。
  3. システムディスクC:を右クリックし、Propertiesをクリックします。
  4. Sharingタブをクリックします。
  5. Share this folderに設定されていることを確認してください。次に、共有名がC $に設定されていることを確認します。
  6. [〜#〜] ok [〜#〜]をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。

Screeniez ...

これは、シンプルファイル共有が有効になっている場合の外観です。

scrn35scrn36

そして、これはシンプルファイル共有IDが無効になっている場合のようです。

scrn35

_net share_コマンドを実行して、C $共有が構成されていることを「確認」することは、あまり役に立ちません。リストに表示されていても意味はありません。インストールまたは構成されていることを示唆するだけですが、必ずしも実際に使用できるとは限りません。簡易ファイルの共有を無効にして初めて、管理共有にアクセスするディスクの[プロパティ]ダイアログボックスの[共有]タブに表示されます。

(XPでの)表示例を以下に示します。

scrn38

またはコードフォーマットで...

_C:\WINDOWS>net share

Share name   Resource                        Remark

-------------------------------------------------------------------------------
ADMIN$       C:\WINDOWS                      Remote Admin
C$           C:\                             Default share
IPC$                                         Remote IPC
The command completed successfully.


C:\WINDOWS>
_

あなたが見るものは、あなたが得るものと正確には同じではありません。 (WYSIWYGへの参照)

トラブルシューティング

それらの厄介なエラーに遭遇した場合...

  • ケーブルを確認してください!
  • IP設定を確認してください!
  • サードパーティのファイアウォールを無効にします!
  • 設定をもう一度やり直してください!
  • Administratorアカウントを試してください。
  • _Net Use_コマンドを使用してください!

ネットワークケーブルとIP設定

ネットワークケーブルが正しく接続されていることを確認してください。接続が何らかの理由で切断された場合に表示される可能性のあるエラーの例を次に示します。ケーブルが外れました。

scrn39

私の場合のように、2台のコンピュータが互いに直接接続されている場合、クロスオーバーネットワークケーブルが必要になることがあります(ワイヤ3と1、およびワイヤ6と2が交差しています)。可能性は低いですが、注目に値します。最新のNIC 2000年以降以降はAuto MDI-Xをサポートする必要があります。これにより、ストレートネットワークケーブル(非交差、つまりMDI)を使用できます。

IP設定をもう一度確認し、可能な場合は常に自動DHCPネゴシエーションを使用します。

管理者アカウントの使用

必要がない場合は、実際に管理用共有を使用するためにパスワードで保護された管理者アカウントを設定する必要はありません。 Administratorアカウントを使用することもできます。しかし、これで混乱しないでください。 「Administrator」はアカウントの実際の名前であるため、および管理者レベルのアカウントです。通常の管理者アカウントではありません。このアカウントは、Windows XPとVistaの両方に組み込まれています。唯一の違いは、XPではデフォルトで有効になっていますが、Vistaではデフォルトで無効になっているためです。Vistaの場合、 XPまたはVistaのいずれかで実行プロンプトから_lusrmgr.msc_を実行すると、「ローカルユーザーとグループ」ウィンドウが表示されます。ここではすべてのユーザーとグループを確認でき、アカウントのステータスを確認したり、管理者アカウントを含むアカウントを無効または有効にしたりできます。一時的に有効にして、後で不要になったときに無効にすることもできます。

組み込みの管理者アカウントをアクティブにするために実行できる非常にきちんとしたコマンドもあります。

有効にする:

_Net User administrator /active:yes
_

無効にするには:

_Net User administrator /active:no
_

これは非常に便利なコマンドであり、M $を十分に支払っていない、意図的に制限されたバージョンのWindows Vistaの1つを使用している貧しい人々にも必要です。スターター、ホームベーシック、ホームプレミアムが含まれます。これらのバージョンには、「グループポリシーエディター」と「ローカルユーザーとグループ」はありません。

私も吸盤です。VistaPremium FPP(フル製品パッケージ)のフルバージョンを購入しましたが、これらの便利なツールは「プレミアム」とは見なされていなかったため、M $はそれらを含めませんでした。それらには64ビットDVDも含まれていませんでした。これは、私が個別に注文しなければならなかった「特別」でした。 Vista ProfessionalまたはVista Ultimate(またはVista Enterprise)を使用している場合は、必要なツールがすべて揃っているので、自分は幸運だと思うかもしれません。したがって、上記のコマンドは(経済的および技術的に言えば)特権の少ないWindowsユーザーに役立ちます。ビルトインAdministratorアカウントを使い終わったら、忘れずに無効にしてください。

「Net Use」コマンドの使用

これは別の便利なコマンドです。 _Net Use_コマンドを使用して、タイムアウトしたネットワークセッションを削除できます。多くの場合、共有への確立された接続がしばらく使用されていないときは、接続が切断されます。共有を再度使用しようとすると、エラーが発生することがあります。この場合、それをフラッシュする必要があります。これは、リモートコンピューターを再起動するか、できればリモートコンピューターとローカルコンピューターの両方を再起動することで実行できます。ただし、再起動が気に入らない場合、時間がない場合、他の作業が行われているために余裕がない場合、または理由が何であれ、代わりにこのコマンドを使用できます。

これがどのように機能するかです。

コマンドプロンプトウィンドウ(またはcmd)を開いて、裸の_Net Use_コマンドのみを発行します。すべてのアクティブまたは非アクティブなネットワークセッションを返します。ここに例があります。

_C:\Windows\system32>Net Use
New connections will be remembered.


Status       Local     Remote                    Network

-------------------------------------------------------------------------------
Disconnected           \\tosh\c$                 Microsoft Windows Network
The command completed successfully.


C:\Windows\system32>
_

現在、私は_\\tosh\c$_を積極的に使用していないため、接続が解除されていることがわかります。これが問題の原因である場合は、安全に削除できます。それをしましょう。

_C:\Windows\system32>Net Use /delete \\tosh\c$
\\tosh\c$ was deleted successfully.


C:\Windows\system32>
_

削除されたことがわかります。 _/delete_スイッチに続けて共有へのUNCパスを追加し、Enterキーを押すだけです。それで、それが今削除されるかどうか見てみましょう。

_C:\Windows\system32>Net Use
New connections will be remembered.

There are no entries in the list.


C:\Windows\system32>
_

エントリがないことがわかります。だから今はなくなった。これで、共有に再度接続すると、資格情報(つまり、ユーザー名とパスワード)の入力を再度求められます。ちなみに、Runプロンプトを使用して再度接続できます。 WindowsキーとRを押すだけで、実行プロンプトで共有へのUNCパスを入力します。 _\\tosh\c$_を入力してEnterキーを押します。資格情報を入力してEnterキーを押すと、開始した場所に戻るはずです。私はすでにそれをすでにやった。では、もう一度_Net Use_コマンドを使用して、ステータスを確認しましょう。

_C:\Windows\system32>Net Use
New connections will be remembered.


Status       Local     Remote                    Network

-------------------------------------------------------------------------------
OK                     \\tosh\c$                 Microsoft Windows Network
The command completed successfully.


C:\Windows\system32>
_

ご覧のとおり、「OK」と表示されています。したがって、私たちは接続され、再びビジネスに戻ります。

ちなみに、Windowsへの接続に失敗した後は、おそらくこのコマンドを使用する必要があることを指摘しておく必要がありますXP接続しようとしたときに簡易ファイル共有が無効になっていないコンピュータ。 XPコンピュータに接続しようとしたときに発生します。シンプルファイル共有がまだ有効になっている場合、_\\tosh\ipc$_(まだ_c$_)そして、シンプルファイル共有を無効にした後、2回目の接続を試みる前にそれをフラッシュする必要があります。

基本的には、クリーンなウィンドウ、つまり保存された接続がない状態から始めたいと考えています。古いものをフラッシュしないと、Windowsが同じユーザー名を複数の接続(それらの行に沿ったもの)に使用しようとしていると言うエラーメッセージが表示される可能性があります。そのタイプのエラーが発生した場合は、古い接続の古い保存された資格情報をフラッシュする必要があります。これは、(上記の例のように)_Net Use_コマンドを使用して行います。

例:

  • \ tosh \に接続すると、\ tosh\ipc $に接続されます
  • \ 192.168.120.115 \に接続していて、\ 192.168.120.115\ipc $に接続している
  • \ tosh\c $に接続すると、\ tosh\c $に接続されます
  • \ 192.168.120.115\c $に接続すると、\ 192.168.120.115\c $に接続されます

管理共有c $にアクセスするには、どちらかに接続できますが、正しい資格情報を使用する必要があります。そうしないと、最初に入力した内容が記憶されるため、最初からやり直す必要があります。ログインセッションの期間。その場合の解決策は、_Net Use_コマンドでフラッシュするか、システムを再起動することです。

基本的に_\\tosh\_に接続すると、_\\tosh\ipc$_に接続され、Shared Documents共有(またはVistaのPublic)などの最も基本的な共有を参照できます。ただし、接続する前に簡易ファイル共有を無効にしていた場合は、先に進んで_\\tosh\c$_に接続すると、_\\tosh\c$_に接続されます。今回は、C:のルートに直接入ります。ユーザー名とパスワードのプロンプトは表示されません。これは、_\\tosh\_に接続しているため、ユーザー名とパスワードが記憶されているためです。また、接続を開始する前にシンプルファイル共有が無効にされていたため、エラーなしでアクセスできます。

これをまとめると...

  • Ipc $またはc $に接続してc $にアクセスできます
  • C $に明示的に接続する必要はありません。ipc$に接続すると暗黙的に指定されます。ただし、netツールではなくShell/GUIを使用している場合は、最初に資格情報を求められます(netでは、コマンドの一部として資格情報を指定します)。
  • ホスト名を使用できます。 「tosh」またはそのIPアドレス。
  • UNCパスは常に2つのバックスラッシュで始まります。

質問は?コメント欄に残してください。

それはすべての良い人々です!

シャットダウン-t 0

10
Samir