it-swarm-ja.com

Win10ネイティブメールアプリには、30文字を超えるファイル名の添付ファイルを表示する問題があります

最近、Win10ネイティブメールアプリケーション(Outlookではない)のファイル名(拡張子を含む)が30文字を超えると、添付ファイルを正しく表示できないことに気付きました。これらのファイルは正確に30文字目の位置で切り取られるため、表示、開く、または保存の問題が発生します。

メールの添付ファイルのスクリーンショットは次のように表示されます。

enter image description here

これらの2つのファイルは実際には次のとおりです。

enter image description here

ここに回避策はありますか?

1
herohuyongtao

簡単に言うと、その名前全体を表示することはできません。

長い答えは、それは実際には欠陥ではなく、Microsoftによる設計上の決定であるということです。これをチェックしてください:

enter image description here

これらのファイル名には両方とも30文字(および.Zip拡張子)が含まれています。

1つは、スリムな文字「i」を選択し、もう1つは、幅の広い文字「w」を選択したところ、何が起こったのかがわかります。各添付ファイルは、Windows10メールアプリに固定幅灰色のボックスとして表示されます。つまり、報告する問題は、実際にはファイル名の文字数の問題ではなく、ファイル名の大きさの問題です。システムのフォントでの単語の外観。

ファイル名が長すぎると、メールアプリは余分な文字を抑制して省略記号(...)を表示します。つまり、ボックスに収まらない文字があります。

2