it-swarm-ja.com

Windows 10、HPラップトップバッテリー「接続されている、充電されていない」

HP Pavilion g6-2197saラップトップにWindows 10をインストールした後、バッテリーの充電に問題がありました。バッテリーアイコンは、「79%使用可能(プラグインされている、充電されていない)」のようなものを報告します。

私は時々、これらのステップに従うことによって一時的にこの問題を解決することができます:

  1. シャットダウン
  2. 電池を取り外す
  3. AC電源で起動する
  4. ACPI-Compliantコントロールメソッドバッテリードライバをアンインストールします。
  5. シャットダウン
  6. バッテリーを再挿入
  7. リブート

しかし、私はその問題が私の元のバッテリーにあるかどうかを確認するために新しいバッテリーを買いました、そしてそれが問題に屈する前にしばらくそれはうまくいきました。これで、新しい電池は上記の手順を繰り返しても充電されなくなります。上記の手順を繰り返した後、私のオリジナルのバッテリーが一時的に充電されるようです。

ラップトップの電源が入っていても入っていなくても、ACライトが接続されている間は常に点滅していることに気づきました。

また、バッテリーは決して充電されないことに注意してください。現在利用可能な残りの電力がどれほど低くなるかが問題になります - 私の問題はバッテリー寿命を延ばすように設計された機能ではないようです。

私は本当にこの問題を永久的に解決したいのですが、完全に困惑しています。乾杯!

7
Ninjakannon

これは問題にならないかもしれませんが、それはあなたのエネルギーマネージャまたはパワーマネージャドライバの機能であるべきです。私はLenovoのラップトップを使用しています、そしてこれで新しいパワーマネージャドライバはそれが接続されているが充電されていないことを示した後60%以上(lenovo制限で60%)充電するバッテリーを保護するバッテリーを保護モードに入れることができるという特徴を持ちます。バッテリーの充電を気にせずにノートパソコンを使い続けたいときに便利な機能です。そして私はまたあなたがOSを変更してもシャットダウンしても充電するよりもこの機能がまだ残ることを観察しました。節約モードをオフにする唯一の方法は、同じソフトウェアから再びオフにすることです。だからあなたのラップトップのパワーマネージャドライバをチェックするとあなたが名前保存モードまたは他の名前でこのタイプの機能を見つけてそれをオフにできるかどうかかもしれません。

編集する

私のレノボのラップトップでは、私は上記の機能をオフにする方法を見つけました。トリックはとても簡単です。コンピュータをシャットダウンしてバッテリーを取り外し、電源が入っていない状態で電源ボタンを長押しします(約40秒)。

1
Akshay Pethani

HPのラップトップには、実際に(電源が入っていれば)一定の割合のバッテリーが消耗した後にAC電源を使用しようとする新しい電源管理ツール/ドライバがあります。私の場合は、たとえ私のバッテリーの電力を常に15%まで消耗させていても、そこに留まります。あなたがそれに気付いていない場合、そしてあなたがより長い時間バッテリーであなたのラップトップを使うことを計画しているならば、その迷惑なことは最初にこの機能をオフにします。

Windows 10の手順:

  1. 検索に進む(左側のドックのウィンドウアイコンの横)
  2. HP AC電源制御を検索する
  3. クリックして電源を切るか時間を変更してください
0
Sambit Sahoo

改装したDell Latitude E6400でこの問題が発生しました。私はこのようなサイトで提案されたすべてを試しました。何もうまくいきませんでした。付属のトランス(出力19.5v; 4.62A)を古いトランス(出力19.5v; 3.34A)と交換してみました。ちょっとプレスト!バッテリーが充電を開始しただけでなく、遅くなったことは突然新しいものとして良かったです。

0
Jim HIbbert

これを試して:

ACを切断する

シャットダウン

可能であれば、メインバッテリーを取り外します

ACを接続

起動

デバイスマネージャを開く

[電池]カテゴリの横のプラス(+)記号をクリックし、[Microsoft ACPI準拠制御方法電池]の一覧をすべて右クリックして[アンインストール]を選択します。 (これらが1つしかない場合は問題ありません).

システムデバイスの横のプラス(+)記号をクリックします。 「ACPI Fixed Featuresボタン」を右クリックし、「アンインストール」を選択します。「デバイスのアンインストールの確認」ダイアログボックスで、「OK」をクリックします。

シャットダウン

ACを切断する

電池を入れる

ACを接続

起動

0
Moab

私にとって効果的だったのは、デバイスマネージャの[バッテリ]フィールドの下にある[Microsoft ACPI準拠コントロールメソッドバッテリ]をアンインストールしてから、ノートパソコンのバッテリを取り外し/追加することでした。

完了したら、[バッテリー]を右クリックし、[ハードウェアの変更をスキャン]をクリックします。ドライバを再読み込みすると、タスクバーにバッテリアイコンが再びポップアップ表示され、充電中であることが報告されます。

0
Sam

HPに同じようなプログラムがあるかどうかはわかりませんが、Dellでも同じような問題が発生していました。

あなたはバッテリーの健康を保つために "充電動作"を変更できる "Dell Command Power Management"と呼ばれるアプリケーションがあることが判明

私は「主にACに接続する」オプションを持っていて、それが75%の充電に達するとバッテリーの充電を止めました。

0
jdevora