it-swarm-ja.com

Windows 10で電源プランを切り替える簡単な方法

私は自分のラップトップに接続されている27インチの外付けモニタを使用しています。ラップトップのスクリーンをセカンダリとして使用しています。ラップトップのふたから。

基本的に電源オプション電源プランを作成しました。ラップトップスクリーンオフふたがオフのときは何もしない、それから私は私の唯一のスクリーンとして私の外付けモニターを使う。

仕事をしているときは、仮想マシンのプログラミングと実行のための高性能をサポートする別の電源プランをアクティブにします。この電源プランは、蓋が閉じているときにラップトップをスリープ状態にします。

とにかく、私は自分のしていることに応じてこれらの計画を切り替え続けます。 Windows 7/8.1では、バッテリーアイコンをクリックして切り替えただけなので、これはすべて簡単でした。

私は先週Windows 10にアップグレードし、そして今私はそこにたどり着くためにもっと深く掘り下げることにしました。もっと簡単な方法があるはずですか?私がやっていることをもっと簡単にできるようにするために使える小さなツールはありますか。ステップの?

  1. タスクバーの電池アイコンをクリック - >電源とスリープの設定

    enter image description here

  2. それから追加の電力設定

    enter image description here

  3. スイッチ電源プラン

32

コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。

powercfg /l

これはあなたのパワースキームを彼らのGUIDと一緒に見せてくれるでしょう(例:)

Existing Power Schemes (* Active)
-----------------------------------
Power Scheme GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (Balanced)
Power Scheme GUID: 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c  (High performance) *
Power Scheme GUID: a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a  (Power saver)

使用したいGUIDを選択し、右クリックしてそのテキストをクリップボードにコピーします。

新しいテキスト文書を作成し、Scheme - Balanced.cmdのように名前を付けます(.cmdが重要です。前のものはあなた次第です)

ファイルを右クリックして編集を選択します。

ファイルに次のように書いてください。

powercfg /s xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

xは、以前にクリップボードにコピーしたGUIDに置き換えられます。

だから私の例ではそれはなるだろう:

powercfg /s 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e

ファイルを保存してください。さて、あなたがそのファイルを実行するたびに、あなたのpowerschemeはその計画に設定されるでしょう。

46
LPChip

私は受け入れられた答えがあるのを見ます、しかし私はこれをまたポストするでしょう、コマンドプロンプトまたはpowershellを使用してあまりにも快適でない人のために。

あなたはウィンドウズモビリティセンターを開き、あなたが使用したい電源プランを選択することができますバッテリー状態タスクバーに配置するには、Windows Mobility Centerを開いたら、タスクバーアイコンを右クリックしてタスクバーに固定します。今、それはワンクリックでアクセスすることができます。

「Windows Mobility Center」を開く方法:

  • 方法1:+ sを獲得し、モビリティを検索します。通常それが最初の結果です、それを開くと、あなたが使用したい電源プランを選択することができるでしょう。
  • 方法2:+ rに勝ち、mblctr.exeと入力します。
  • 方法3: コントロールパネルを開き 、[ハードウェアとサウンド]に移動します。その下に[Windows Mobility Center]が表示されます(前述の方法は次のとおりです)。はるかに速いですが)。 MobilityCenter
12
Santa

これは 実行するたびに2つの電源プランを切り替えるスクリプトです。 (この場合は「Balanced」と「Power Saver」の2つの電源プランを自由に切り替えることができます)。それを ".cmd"ファイルに入れることを忘れないでください。

実行後、起動した電源プランを印刷し、コンソールが消える前にキーを押すのを待ちます。これがコードです:

@Echo off
setlocal
SET balanced=Power Scheme GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (Balanced)
Powercfg -getactivescheme > tmp.txt
SET /p active= < tmp.txt
IF "%active%" == "%balanced%" (
Powercfg -s a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a
) ELSE (
Powercfg -s 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e
)
DEL tmp.txt
endlocal
@Echo on
Powercfg -getactivescheme
PAUSE

これがあなたがする必要があることです(明確にするために下の画像を見てください):

  1. コマンドプロンプトを開き、Powercfg /lを実行して電源設定の一覧を表示します。
  2. 上記のコードでは、balanced変数の値を切り替えたい2つのプランのうちの最初のものに置き換えます(ストリング全体が必要です)
  3. IF-ELSEのGUIDも置き換えます。 "IF"部分のGUIDは、切り替えたい2番目の電源プランでなければなりません。 "ELSE"部分のGUIDは、balanced変数でも使用したものでなければなりません。

あなたがそれを使用できることを願っています! :-)

enter image description here

PS、あなたが不思議に思った場合のために:私はPowercfg -getactiveschemeの出力を一時ファイルに書き、一時ファイルの最初の行を変数に読み、その後その一時ファイルを削除します。私が直接それを行うための「単純な」方法を見つけることができなかったので、それは現在アクティブな電源プランを変数に格納する最も簡単な方法のようでした:-)

9
Boregore

Windows 8/8.1では、デフォルトの電源プランスイッチャーに最近使用された2つのプランしか表示されなかったため、 電源バディ を使用しました。 Windows 10でもうまく動作するようです。

これは非常に軽量なトレイアプリケーションで、SuperUserコミュニティのメンバーによって開発されたようです。 この答えを参照してください to Windows 7の通知領域にすべての電源プランを表示するにはどうすればよいですか?

8
Filip S.

私が最新のWindows 10ビルドで作業したのは、 PowerPlanSwitcher だけです。これは、無料のモダンスタイルのトレイアプリです。

enter image description here

5
aalaap

実行を開いてcontrol powercfg.cplを入力

そのショートカットも作成できます

enter image description here

5
pun

うわー!すべての答えを尊重して、これははるかに簡単なはずです。 Battery Icon内のTask Barを右クリックしてWindows Mobility Centerを選択するだけです。 スーパーシンプル!

これらのキーボードショートカットの神々のために、あなたはまたできるWin + X>B

Right-click to Mobility Center

4
Korayem

あなたはオープンソース Power Scheme Switcher (MITライセンス)を見て、それがWindows 10と互換性があるかどうかテストするかもしれません。現時点でテストするWindows 10システムはありませんが、Windows 8.1をサポートすると予想されるほど最近開発された(VS 2013)ので、Windows 10はそれほど大きなストレッチにはならないでしょう。

2
fencepost

BatteryCare http://batterycare.net/en/download.php を使用してください。それはあなたがあなたがすべてのあなたの計画を変えるか、あるいは自動的に変えることさえ可能にします。

2
jasir

Win + Xを押してからBを押すだけです。

説明:Win + Xは、以前はWindows 8までMobility Centerを開いていました。だから今このメニューが表示されます。オプションの1つはモビリティセンターです。 Bを押すとこのオプションが選択されます。

1
csaladenes

"PowerBuddy"アプリケーションもあります。 https://github.com/PerfectlyCromulentLtd/PowerBuddy

これらのサードパーティ製アプリケーションのほとんどは数年で更新されていないようです..

0
Jowdy
  1. テキストファイルを作成します。
  2. それを開く。
  3. これをファイルの中に入れます。

    setlocal
    SET high_performance=Power Scheme GUID: 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c  (High performance)
    Powercfg -getactivescheme > tmp.txt
    SET /p active= < tmp.txt
    IF "%active%" == "%high_performance%" (
    Powercfg -s a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a
    ) ELSE (
    Powercfg -s 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c
    )
    DEL tmp.txt
    endlocal
    
  4. ファイルを保存して「power.cmd」という名前に変更します。

  5. ファイルを開きます。 完了しました

    しかし、あなたの中にはまだファイルが単純なテキストファイルとして開かれているかもしれないので、ファイル拡張子が隠されていることを意味する。 Windows 10でこれを解決するには:

任意のフォルダに移動します

  1. 「表示」というタブを押す
  2. 「ファイル名拡張子」というボックスにチェックを入れます
  3. ファイル "power.cmd"に戻ります。現在は「power.cmd.txt」という名前に変更されています。もう一度 "power.cmd"という名前に変更します。
  4. 完了しました!ファイルを開くと、電源プランが切り替わります。
0
gamingradeon