it-swarm-ja.com

Windows 10:デスクトップを切り替えるためのショートカットキーの変更

Windows 10では、仮想デスクトップを切り替えるためのショートカットキーは次のとおりです。 ctrl + win + right / left arrow。に変更して、単純化したい ctrl + right or left arrow key のみ。これどうやってするの?

25
Faisal Khurshid

AutoHotkeyはこのようなことをするための素晴らしいプログラムです。キーボードキーの再マッピング、ホットキーの設定、タスクの自動化に非常に便利なプログラムです。これを設定する手順は次のとおりです。

  1. AutoHotkey( http://www.autohotkey.com/ )をダウンロードしてインストールします。
  2. デスクトップを右クリックし、[New]> [Autohotkey Script]をクリックします(好きな名前を付けます)。
  3. 右クリックし、[スクリプトの編集]をクリックします。
  4. 次のテキストを既存のテキストの下に貼り付けます。

#NoTrayIcon ^Right::^#Right ^Left::^#Left

  1. 機能をテストするためにスクリプトを保存して実行します。
  2. 予想通りに動作する場合は、起動フォルダ*にスクリプトをコピーして、コンピュータが起動するたびに実行されるようにします。

必要に応じて、スクリプトをコンパイルして、AutoHotkeyがインストールされていない他のコンピュータで実行できるスタンドアロンの.exeとして実行することもできます。これを行うには、スクリプトファイルを右クリックし、[スクリプトのコンパイル]をクリックします。

* Windows 10のスタートアップフォルダにアクセスするには、[ファイル名を指定して実行]を開き(Windowsキー+ Rキーを押すか、スタートメニューで検索)、次のいずれかを入力します(引用符なし)。現在のユーザーのみ)または "Shell:common startup"(すべてのユーザーに対して実行するため)開いたフォルダに貼り付けます。

19
NateR

ElectroPulseの答えの下で @ valkirilov のコメントに返信するには、この記事が役に立つと思います。 Windows 10でオートホットキーを使用してCtrl-Alt-Arrowを再マップする

要するに、

!^Right:: send {LWin down}{LCtrl down}{Right}{LWin up}{LCtrl up}
!^Left:: send {LWin down}{LCtrl down}{Left}{LWin up}{LCtrl up}
4
HD189733b

デスクトップを切り替えるためのショートカットをいくつか作成しました。私は3×3グリッドのデスクトップを望んでいました(事実上、または私のマインドマップでのみ - 実際にはそれらは線形です)。テンキーのキーをそれぞれのデスクトップにマッピングする必要がありました。

ホットキーの働き方は

  • 合計9台のデスクトップがあると仮定します。
  • 既知のデスクトップの直線的なエッジにいることを確認するために、少なくとも9を左右にスクロールします。
  • 正しい番号をスクロールバックして、目的の場所に移動します。

特定のデスクトップにウィンドウを移動する簡単な方法はないので、そのウィンドウの "デスクトップに移動"メニューを表示するためにWin + Numpad0を使用しました。それは私がすぐに解決することをほとんど望んでいない妥協です(しかし、私はそれについて私自身の質問を投稿しました)。

これが私の近道です。

; Windows+Number pad keys = Windows 10 desktop switching.
; number pad to match a 3x3 desktop
#Numpad1::
#NumpadEnd::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Right 9}{Left 2}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad2::
#NumpadDown::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Right 9}{Left 1}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad3::
#NumpadPgDn::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Right 9}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad4::
#NumpadLeft::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Left 9}{Right 3}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad5::
#NumpadClear::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Left 9}{Right 4}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad6::
#NumpadRight::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Right 9}{Left 3}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad7::
#NumpadHome::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Left 9}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad8::
#NumpadUp::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Left 9}{Right 1}{Ctrl up}{LWin up}
    return
#Numpad9::
#NumpadPgUp::
    Send, {LWin down}{Ctrl down}{Left 9}{Right 2}{Ctrl up}{LWin up}
    return
;   Send, {LWin down}{Tab}{LWin up}
;   Sleep, 3000
;   Send, {Tab 1}{Right 2}
;   Sleep, 3000
;   Send, {Enter}
;   Sleep, 3000
;   return
;
;   Bring up the "move this window to desktop..." menu.  Since the menu is always different, don't operate on it.  Just leave it at that.
#!Numpad0::
#!NumpadIns::
#+Numpad0::
#+NumpadIns::
#Numpad0::
#NumpadIns::
    Send, {LWin down}{Tab}{LWin up}
    Sleep, 400
    Send, {AppsKey}M
return
1
K Robinson