it-swarm-ja.com

Windows 10 May 2019 2019以降のWindows 10リモートデスクトップの黒い画面

私は常にバージョン1809のWindows 10リモートデスクトップを使用してドメインコンピューターに問題なく接続しています。

現在、一部のコンピューターはWindows 10 1903 May Update 2019バージョンにアップグレードされています。その後、それらのコンピューターに接続できますが、常に黒い画面が表示され、何もできません。 CTRL + ALT + ENDは機能しません。マウスアイコンが表示されているので、セッションは正常に接続されていると思いますが、何もできず、エクスプローラーを手動で起動することもできません。もちろん、デスクトップが見えません。

私は次の手順に従いました: Windows 10リモートデスクトップが黒い画面で接続してから切断する 成功しませんでした。

誰かがアイデアを持っていますか?以前のバージョンに戻る必要はありません

ありがとう!

4
Altomic

最後に、ホストマシンでローカルグループポリシーエディターを使用して、古いXDDMディスプレイドライバーの使用を強制することで解決しました。 Computer Configuration -> Policies -> Administrative Templates -> Windows Components -> Remote Desktop Services -> Remote Desktop Session Host -> Remote Session Environment、[リモートデスクトップ接続用のWDDMグラフィックディスプレイドライバーを使用する]ポリシーを[未構成]から[無効]に設定します。

この問題は KB4512941 によって解決されました。
詳細参照: https://docs.Microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-1903#669msgdesc

2
Honghe.Wu

私のこの答えのThx。私の問題は、VMware esxiのWindows 10に関するものでした。 RDPに黒い画面が表示され、デスクトップのリフレッシュと切断が非常に非常に非常に遅い。 3Dアクセラレーション(VMware svga 3dドライバー)が原因でした。 esxiで3dを無効にするだけで、うまく機能します。実際のPCで行うのは難しい...したがって、この問題はディスプレイドライバが原因であり、UDPプロトコルなどのネットワークの問題ではありません。

1
chsalmon

問題は、統合されたグラフィックスマザーボードドライバー(Q43/Q45 Intelグラフィックスチップセット)が原因でした。 Windows 10 1903バージョンと互換性がありませんでした。

それらを動作させるためにインターネット上でドライバーを見つけることができなかったため、新しいグラフィックカードを購入してインストールする必要がありました。その後、問題は消えた

0
Altomic