it-swarm-ja.com

ルータを再起動した後、WDS接続が自動的に回復しない

TP-Link TL-WR841N ルーターが別のTP-Link TL-WR845N ルーターにWDSモードで接続されています。 TL-WR845Nはここではルートルーターです。つまり、ISPに接続されています。また、セカンダリルーターTL-WR841Nは、ここで説明するようにWPS接続用に構成されています http://www.tp-link.com/us/faq-227.html 。実際の主な目的は、2番目のルーターをルートルーターのリピーターとして使用することです。ただし、問題は、ルーターのいずれかが再起動すると、セカンダリルーター(WDSに構成されている)がルートルーターに接続できないことです。つまり、WDS接続が切断され、再構成しないと機能しません。ルーターのいずれかが再起動するたびにWDSを構成することは、非常に退屈な作業です。ここでTP-Linkルーターの2つの特定のモデルについて言及したとしても、実際には、このシナリオはほとんどのTP-Linkルーターで発生します。つまり、WDS接続を再起動した後は自動的に再接続できません。

1
DAF

完全を期すために、TP-Linkルーターで私のために働いた完全な解決策は次のとおりです-ステップ1はすでにコメントに投稿されていますが、工場出荷時の状態にリセットせずに修正できることは誰にとっても明らかではないかもしれません:

  1. プライマリ/インターネット接続ルーターで、WDSに使用しているwifiネットワークのワイヤレスチャネルを、自動選択ではなく固定チャネルに設定します。
  2. セカンダリルーターにDHCPがなく、WDSがプライマリルーターからDHCPを中継する準備ができていないため、通常DHCPを使用している場合は通常の方法でセカンダリルーターに接続できません(ほとんどの人が行う)。この問題が発生した場合の解決策は、IPアドレスが静的に192.168.1.1に設定され、ネットマスクが255.255.255.0であることを覚えておくことです(少なくとも、これは私のTP-Linkルーターの場合です)。したがって、セカンダリルーターに接続しますが、一時的静的IPアドレスを同じネットワーク上の何かに割り当てますが、異なるものにします。 192.168.1.64。 Wi-Fi接続が機能しない場合は、イーサネットケーブルを使用して接続してみてください。
  3. セカンダリルーターのWeb管理ページにログインします(ここでも、これは192.168.1.1にあるはずです-DHCPがないため、DNSをのhostsファイルに設定しない限り、DNSを使用することはできません。クライアント)。使用しているwifiネットワークのチャネルを、手順1で設定したチャネルと同じチャネルに設定します。
  4. 手順2でIPアドレスの構成を変更した場合は、クライアントでDHCPを使用して自動的に割り当てられるようにセカンダリルーター接続のIPアドレスを再構成します。
  5. 切断して再接続します。これですべてが機能するはずです。ルーターを再起動した後も機能するはずです。

注:この問題と解決策は、プライマリルーターに使用しているルーターとは無関係です。私のプライマリルーターはTP-Linkルーターではありません。

1
Robin Green