it-swarm-ja.com

1つのSSIDを使用してネットワーク内に複数のリピータを配置することは可能ですか?

私は現在1つのアクセスポイントを持つネットワークを設定しています。 WiFiの範囲はそれほど遠くないので、リピーターを使用して範囲を広げたいと思います。私は過去にいくつかの設定をしましたが、それらは常に別のSSIDを持っていました。それで私は私のリピーターのSSIDを持っていて、どのコンピューターとデバイスが接続できるか、そしてリピーターはメインアクセスポイントに接続します。

linksysという名前のルータとそれに接続された3つのリピータを持つことは可能ですか?検出されたネットワークに1つのSSIDしか表示されないように、すべてのリピーターにlinksysという名前を付けることは可能ですか?それがリピーターとすることが不可能である場合これに他のオプションがありますか?

15
chris_techno25

確かにあなたが求めることをすることは可能です。実際のところ、これは私が自宅に設置したTp-Link TL-WA850REのようないくつかのレンジエクステンダのデフォルト設定です。同じSSIDが私の家中に見えていて、あなたは一方から他方へシームレスに切り替えます。

その上、これはあなたが学校、大学、多くの私立および公社のような多くのリピーターによってカバーされるのに十分大きいほどほとんどの場所で見つける標準的な構成です。これらの各場所には、固有のSSIDと固有の事前共有鍵(PSK)があります。

5
MariusMatutiae

私は最近この問題を調査するのにかなりの時間を費やしました。

考慮すべきトピックが2つあります。

  1. クライアントは、接続しようとしたときにどのようなWiFiネットワークを認識しますか?
  2. すべてのルーター、アクセスポイント、リピーター、スイッチなどはどのようにして互いに通信しますか?

トピック1から始めましょう:

3つの選択肢があるようです。

  1. 各アクセスポイント/修復者に異なるSSIDを割り当てます。

    このようにして、あなたのデバイスは完全に独立したWiFiネットワークを見ることになり、あなたがその場所を歩き回っている間、あなたは現在あなたが現在接続しているアクセスポイントから遠くなるにつれて手動で別のネットワークに切り替える別のものに。

    長所:

    • どんなWiFiハードウェアでもセットアップが簡単

    • 接続しているアクセスポイント/リピータを完全に制御できます

    • 自動切り替えによる問題(パケット損失など)は考えられません。

    短所:

    • 1つのアクセスポイント/リピータから離れた場合は、別のアクセスポイントやリピータがあっても接続が切断されてしまうため、手動で状況を改善する必要があります。

    • あなたのネットワークは多くの周波数空間を占有するでしょう、そしてサイズによっては、あなたは多くのパケット衝突で終わるかもしれません

  2. 同じSSID(およびログイン資格情報)を割り当てますが、各アクセスポイント/リピータには異なるチャネルを割り当てます。

    あなたのデバイスは(それらが標準に構築されている場合)自動的にこれらの異なるアクセスポイント/リピータが同じ物理ネットワークに属していると仮定し、必要に応じて自動的にチャンネルを切り替えるべきです。

    長所:

    • どんなWiFiハードウェアでもセットアップが簡単

    • お使いの端末は、より良い信号を得るために自動的に近いアクセスポイント/リピーターに切り替える必要があります

    短所:

    • 一部のデバイスは自動切り替えをサポートしていないため、切り替えをトリガーするにはネットワークに再接続する必要があります。

    • 自動切り替えをサポートしているデバイスの多くは、他のアクセスポイントへの信号をほとんど失った(または、少なくともどの時点で切り替えられるかはほとんど設定できない)最後の瞬間にしか実行されず、次善の信号につながります。レベル、したがってより低い帯域幅

    • 多くの場合、スイッチを使用するとネットワークが短時間切断され、パケット損失が発生する可能性があります。これにより、VoIP接続やその他のストリーミングメディアなどが妨害される可能性があります。

    • 切り替えが発生しても、手動による制御はほとんどありません。

    • あなたのネットワークは多くの周波数空間を占有するでしょう、そしてサイズによっては、あなたは多くのパケット衝突で終わるかもしれません

  3. アクセスポイント/リピータがすべてのスイッチングを処理するようにシステムを設定します。

    この設定では、単一のSSIDが単一のチャネルに存在する「唯一の」ネットワークしかありません。すべてのアクセスポイント/リピータは同じ周波数で送受信します。アクセスポイント/リピータは互いに通信して、パケットが「2回受信されない」ようにします。アクセスポイント/リピータはまた、誰が最良の接続を持っているかに応じて、どれがデバイス宛のパケットを送信するかを決定します。このように、あなたのデバイスは、それらが異なるアクセスポイント/リピーターと話していることさえ知らない。どこへ行っても彼らは単に強い信号を見るでしょう。

    長所:

    • 自動切り替えは、デバイスに認識されていなくても、どのクライアントデバイスでも機能します。

    • システムがうまく機能すれば、短い切断やダウンタイムは発生せず、パケットは失われません。

    • VoIP接続などでもシームレスに動作するはずです。

    • ネットワークは単一の周波数範囲のみを使用しています

    • アクセスポイント/リピータがスマートであれば、それらは自動的にパケット衝突を回避することができます(少なくともそれらが送信するデータに関して)。

    • デバイスはすぐに近いアクセスポイント/リピータに切り替えられ、常に最適な信号強度、したがって帯域幅が確保されます。

    短所:

    • 専用のハードウェアが必要ですが、これは実際には安価で入手可能です(下記参照)。

    • スイッチのタイミングを手動で制御することはできませんが、システムはパケット損失やダウンタイムを保証しないため、これは問題になりません。

    • ネットワークは1つの周波数範囲内にしか存在しないため、複数の周波数範囲を使用しても余分な帯域幅は得られませんが、これは大量のクライアントとトラフィックを含むネットワークにのみ関連し、より多くのアクセスによって解決できます。ポイントとそれらの個々の信号強度を減らす

それがまだ明白であるかどうかわからない、しかし私は地すべりによって他の2つの上にオプション3を明確に支持するであろう。

そこにはいくつかのハードウェアの選択肢があるはずですが(たとえば、 EnGenius が1つになると思います)、私が行ったものは UniFi です。 Ubiquity Networksによる電話帳(私は非常に幸せな顧客であること以外はいかなる方法でも彼らと提携していません)。

彼らは、異なるWiFi規格(b/g/n、ac)をサポートするいくつかの 異なるタイプのアクセスポイント を販売しており、屋内または屋外での使用を意図しています。私が使用しているものは、最近では90ドル未満で売られているUniFi AP LR(屋内用の長距離b/g/nバージョン)です(非長距離用のバージョンでも65ドル前後でしか買えません)。

あなたが ベータ版の(無料の)コントローラソフトウェア (すでに安定していることがわかっています)をインストールすると、アクセスポイントはお互いに通信して自動通信を処理します。彼らが呼ぶものを実装するためのデバイススイッチング "Zero Handoff Roaming" 。そしてそれは幻想的に動作します*。完全に流動的なスカイプ通話などを維持しながら、他のクライアントがAP間を通過しているときにコントローラを監視することができます。そして、クライアントは何が起こっているのかまったく意識していません。彼らが目にするのは、どこにでも完璧な信号を持つ単一の無線ネットワークです。

ところで:コントローラソフトウェアは、APを設定し、それらのファームウェアを更新するために必要とされるだけです。システムが起動して実行されたら、ソフトウェアをシャットダウンしても問題なく動作します。そのため、このシステムを実装するのに他の専用ハードウェアは必要ありません。サイト全体に散らばっているAPの束だけです。

さて、トピック2の最初から、つまりAP /リピーター間での会話方法は次のとおりです。

ここには2つの選択肢があります。

  1. 有線

  2. 無線

長所と短所は明白であるべきです。ワイヤードはより速く、より信頼性があり、そしておそらくより安全ですが、それはワイヤを実行することを含むので実行可能ではないかもしれません。

幸い、UniFi APは両方のモードをサポートしています*。初期設定では、それらをプロビジョニングするためにそれらを一度有線に接続する必要があります、それからあなたはそれらのうちの1つを除いてすべてを彼らの最も近い隣人に無線で単純にアップリンクするように言うことができます。最終的な場所注:私はまだこれを試したことがないので、それがどの程度うまく機能するのかわかりません。また、システムが複数のホップをサポートしているかどうか、またはワイヤレスアップリンクを使用している各APが有線APと近接している必要があるかどうかもわかりません。

また、注意してください:私はかなり小さなネットワーク(約20デバイスと3 AP)で彼らのシステムをテストしただけです。この設定では、それは美しく機能し、以前の設定よりもはるかに優れた安定性とパフォーマンスを提供します。しかし、v3ソフトウェア(これは動作するためにハンドオフをゼロにするために必要です)ISはまだベータ版で、正式には本番用にはお勧めできません。たぶん、別の製造元がすでにベータ版になっていないソリューションを持っているのかもしれません…わからない。

*アップデート:

私が週末に調べたことのいくつか:

  • EnGenius WiFi APは、notで、ハンドオフがゼロ(または同等のもの)になっているようです。これまでのところ、私が出くわしたのはUniFi APだけですが、おそらく他にも解決策があるでしょう。
  • ゼロハンドオフはこれまでb/g/nネットワークでのみサポートされていてacではサポートされていないようです。すなわち、UAPでは no supportyetAC (私はこれを試したことがない)。
  • UniFi APは、notzero-handoff/のワイヤレスアップリンクを同時にサポートしています(試してみましたそう言う ここ )。そのため、これらのユニットでゼロハンドオフを使用したい場合は、すべてのAPをワイヤで接続する必要があります。遠い将来、両方の機能が同時に利用できるようになるかもしれませんが、これが彼らのロードマップ上にもあるという兆候は見当たらないので、私はそれを待ちません。
29
Markus A.

あなたはこのようなセットアップで問題に出くわすことができます。ルーターと3台のエクステンダがあります。副作用は、エクステンダが必ずしもルータを送信元として使用するとは限らないため、機能しなくなったり、低パフォーマンスで実行されたりする可能性があることです。私の場合、それは次のようにつながっていました:

ルーター - >エクステンダ - >エクステンダ - >エクステンダこれにより、チェーン内の最後のルーターのパフォーマンスが非常に悪くなります。

また、私が電源を落としたときは、エクステンダは他のエクステンダにしか接続されていませんでした。

上記の問題を解決するために私はルータ上のSSIDを有効にしました私のメインSSIDとエクステンダ用の隠しSSID。エクステンダは隠しSSIDに接続し、他のエクステンダではなくルータにのみ接続するようにしますが、エクステンダはまだメインSSIDをブロードキャストしています。ルータとエクステンダに無線チャネルを設定して、それらが切り替わらないようにすることをお勧めします。

Markusが言ったように、デバイス間のハンドオフはゼロではありません、そして、それらが切り替わるとき、あなたはドロップを受けるかもしれません、しかし、私にとってそれはほとんど目立たず、私の必要性のために完全に働きます。

3
Fredrik R

まず最初に、アクセスポイントを使ってあなたのスイッチに接続します。次に、APを設置するときに、APが交差点の低いゾーンとできるだけ遠く離れて配置されていることを確認します(交差ゾーンは信号の損失を避けるためにあるべきですが、大きくしないでください)。次に、周波数が異なるように各APを設定し、周波数が繰り返されないようにします(Freq.xのAP1はFreq.yのAP2と交差し、AP2はAP3のFreq.zと交差し、AP3はFreq.xのAP4と交差します)すべてのAPに同じSSIDを設定してください。周波数の設定についてはGoogleを読んでください。そこには本当に3つの選択肢しかありません、そしてそれは情報を知っていなければなりません。私見知っておくべき非常に重要なこと。

1
Andrew

リピーターとルーターを同じSSIDに維持するのは、多くのデバイス/エンドポイントでエラーが発生するため、非常に面倒です。私は、ネットワーク間を移動するためにWiFiのオン/オフを切り替えることでそれと一緒に暮らしていましたが、それは維持が困難な厄介な習慣に変わります。最後のキッカーは、内蔵のアプリへの信号を失い続けたSony Android TVでした。 HBO、スリング。

やっとあきらめてリピーターを別の名前に変更したところ、ネットワークは実際には反応がよいように見えます。

TL-WA850REがネットワークとパケットの衝突をうまく処理できないと思います。

0
manstrocity