it-swarm-ja.com

「MobaXterm X11プロキシ:サポートされていない認証プロトコル」を修正する方法

MobaXtermを使用してWindowsからLinuxボックスに接続すると、Windows側でLinux-GUIアプリケーションを開くことができません。 Windows側では何も起こりません。 Linuxボックスでは、次のエラーメッセージが表示されます。

MobaXterm X11 proxy: Unsupported authorisation protocol
** ([program]:[processId]): WARNING **: Could not open display localhost:10.0
10
Sascha

私の場合、問題はLinuxマシンの〜/ .Xautorityにエントリがないことでした。おそらくファイルを直接編集するべきではありませんが、コマンドラインツールxauthを使用してください。

エラーメッセージから表示名とIDを取得し、xauthコマンドで使用します。

Could not open display localhost:10.0
                       ````````` ``

私の場合、それはlocalhostおよび1です。追加するには、xauth addコマンドを使用します。

xauth add localhost/unix:10 MIT-MAGIC-COOKIE-1 27e035688dd89483c6fe48b2470172f5
          `````````      `` 

最後の16進数は32文字です。 Linux Shellで次のいずれかのコマンドを使用して、独自の(かなりの)乱数を作成できます。

mcookie

uuidgen -r | sed s/-//g

head -c 16 /dev/urandom | xxd -p

コマンドxauth listで追加された内容を確認できます。

2
Sascha