it-swarm-ja.com

YouTubeにビデオをアップロードするためのAdobePremiereの最適なエンコードオプションは何ですか?

Adobe Premiereは、ビデオをエンコードするときにプリセットのリストを提案します。私にとって、YouTube用にエンコードするのに適した候補は次のとおりです。

  • HDTV 1080p24高品質
  • HDTV 1080p25高品質
  • HDTV 1080p29.97高品質
  • NTSCDVワイドスクリーン高品質
  • PALDVワイドスクリーン高品質
  • YouTubeワイドスクリーンSD
  • YouTubeワイドスクリーンHD

これまで、YouTube Widescreen HDYouTube Widescreen HDを試しました。 YouTube Widescreen HDはエンコードが非常に高速で、エクスポートされたファイルは大きすぎません。ただし、1080pの生の映像(私はPanasonic HDC-SD900の映像を使用しています)からわずかに減少しており、YouTubeでは最大720pでしか利用できません。

だから私はHDTV 1080p 24 High Qualityを試しました。品質は生の映像とほぼ同じです(違いを見分けるのは難しいです)。しかし、ビデオのエンコードには時間がかかり、そのサイズは巨大です(1min30ビデオの場合、サイズはYouTube Widescreen HDで約30MB、HDTV 1080p 24 High Qualityで300MBです。

間に良い結果をもたらす何かがありますか? YouTubeのフォーマット、アスペクト比、フレームレートに基づいて、何を使用すればよいですか?

5

私はHDTV1080pプリセットに固執します。なぜ彼らがYouTubeプリセットを入れたのかはわかりませんが、それらがあなたのビデオの品質に本当に影響を与えるのであれば、私はそれらをお勧めしません。

いくつかの1080pビデオをYouTubeにアップロードしましたが、解像度は720pに変更されていません。私のワークフローには、Premiereから高品質バージョンをエクスポートし、FFmpegを介してx264で再エンコードすることが含まれていましたが、YouTubeが1080pビデオをダウンスケールすることはないと思います。 YouTubeは動画を再エンコードする必要があるため、ウェブサイトに表示されるまでに時間がかかる場合があります。


それらのプリセットの1つを選択し、ビデオ設定に移動します。ソースマテリアルに一致するフレームレートを選択し、PALを選択します(カムコーダーの出力に応じて)。

次に、ハイプロファイルを選択します(はい、YouTube サポートしています

それでは、品質に影響を与える最も重要な部分であるビットレートについて見ていきましょう。 Premiere Proは、エクスポート用に約20 MBit/sのvery高ビットレートを想定しています。ファイルがこれほど巨大になっているのも不思議ではありません。 20 MBit/sは、ブロードキャストやファイルのアーカイブに使用するものです。エンタープライズネットワーク接続を使用している場合を除き、YouTubeにアップロードするときに実際には必要ありません。

ビットレートを約2〜8 MBit/sに下げることができます。これは、1080p h.264ビデオの適切な値です(YouTubeで推奨されています)。実際に推定出力ファイルサイズを確認し、それに応じてビットレートを変更することもできます。

個人的には、PremiereProにバンドルされているMainConceptエンコーダーが非常に遅いことがわかりました。それについてできることはあまりないでしょう。

5
slhck