it-swarm-ja.com

フォルダ/etc/yum.repos.d内の内容の説明

私はLinuxとCentos全般に非常に慣れていません。誰かが、yum.repos.dの内容と、/ etc/yum.confの内容とどう違うのかについて、簡単な言語で概要を教えてください。

Yum.repos.dディレクトリ内にリポジトリを作成する必要があると聞きました。なぜそれをする必要があるのですか?

また、yum updateコマンドはそれらのリポジトリを使用しますか?

4
user1867151

Yum.repos.d内の内容と、/ etc/yum.conf内の内容との違いについて簡単な言葉で概要を教えてください[?]

これごと YUMに関するRedHatの記事

Yumおよび関連ユーティリティの構成ファイルは/etc/yum.confにあります。このファイルには、必須の[main]セクションが1つ含まれています。これにより、Yumオプションにグローバルな影響を与えることができます。また、リポジトリを設定できる[repository]セクションを1つ以上含めることができます-特定のオプション。

したがって、yum.confは、yumが実行するために使用する基本的な命令セットであり、yumを使用するために文字通り必要なため、リポジトリ情報が含まれています。

特にyum.repos.dについて:

/etc/yum.repos.d/ディレクトリの新規または既存の.repoファイルで個々のリポジトリを定義することをお勧めします。 /etc/yum.confファイルの個々の[repository]セクションで定義した値は、[main]セクションで設定された値を上書きします。

つまり、yum.repos.dには、「追加の」リポジトリ情報とそれだけが含まれています。この情報は、yum.confにあるものを上書きする可能性があります。

このような構成情報の分離は、Linuxでは一般的です。

多くのプログラムは、テキストベースの構成ファイルを使用します(これは非常に大きくて読みにくい場合があり、操作するための基本的なデータセットのみを提供することを目的としています)。そのため、変更が必要になる可能性が高い情報(リポジトリー・データなど)を、変更が必要になる可能性が低い情報(yumがデフォルトでどのように機能するか)から分類することが望ましいと見なされることがよくあります。

Yum.repos.dディレクトリ内にリポジトリを作成する必要があると聞きました。なぜそれをする必要があるのですか?

リポジトリ構成ファイル(例:local.repo)を意味していると思います。私が間違っていなければ、実際のリポジトリは潜在的にどこにでもある可能性があります(接続性と権限を考慮に入れて)。

「yuminstallpackagename」などのコマンドは、通常、yum.repos.d内の既存のyumリポジトリ構成ファイルをチェックします。それは一貫性を探すための標準的な場所です。

リポジトリ構成ファイルは、実際のリポジトリ(パッケージファイルが物理的に配置されている場所)に関するyum情報を伝えます。いくつかのオプションの要素がありますが、各。repoファイルには以下が必要です。

  • Repository ID-1つのWord固有のリポジ​​トリID。 [localrepo]

  • Name-人間が読めるリポジトリの名前。 name = Awesome Local Repo

  • Baseurl-repodataディレクトリ(実際のファイルが保存されている場所)へのURL。 file:// path、 ftp:// linkhttp:// link 、および https:// link アドレスはすべて有効なオプションです。

  • Enabled-更新およびインストールを実行するときに使用するリポジトリを有効にするかどうか。 enabled = 1(1-"このリポジトリを使用する"、0-"このリポジトリを使用しない")。

また、yum updateコマンドはそれらのリポジトリを使用しますか?

インストールまたは更新するyumコマンドは、おそらくそれらをチェックします。

6
Anaksunaman