it-swarm-ja.com

Yum-パッケージのインストール時にデータベースの更新を無効にする

私はFedora15を使用していますが、yumを使用して何かをインストールしようとするたびに、yumはリポジトリデータベースを更新しようとします。

ほとんどの人にとって、これは素晴らしくて便利ですが、私は超低速インターネット(まあ、ちょっと遅い、1 Mbpsのようなもの)の後ろで立ち往生していて、更新には1分ほどかかります。データベースは大きくはありませんが(私のすべてのリポジトリで2 mb強)、合計します。

この自動データベース更新を無効にする最良の方法は何ですか?私はUbuntuとaptに慣れており、データベースを更新するようにaptに手動で指示する必要があります。 apt for Fedoraをインストールできると思いますが、どこかに変更できる構成設定があるのではないかと思っていました。

9
beatgammit

合格-C to yumは、現在のキャッシュ内のメタデータのみを使用するように指示します。現在キャッシュにないメタデータが必要な場合、またはさまざまなリポジトリからのメタデータが同期されていない場合、これにより操作が失敗することに注意してください。

「...それはどこかの設定ファイルに設定できますか?毎回-Cを渡すのは面倒かもしれません...」

YUM構成ファイルを更新し、metadata_expire変数をより高い値に設定します(デフォルトは90分です)。その後、yum makecacheコマンドを使用して、必要に応じてメタデータを手動で更新できます。

3
Mohnish

これが私の答えです: https://unix.stackexchange.com/a/212278/56487

一時的な解決策:

-Cフラグを使用します:

Sudo yum install foobar -C

恒久的な解決策:

これを制御するには、yum.confmetadata_expireフラグを使用します。

/etc/yum.confを編集して設定します

metadata_expire=15d

d、h、またはm)を使用して、時間を日、時間、または分で構成できます

ボーナス:ここにドキュメントがあります:

metadata_expireは、メタデータが期限切れになるまでの時間(秒単位)です。そのため、ダウンロードされた現在のメタデータがこの数秒未満の場合、yumはリポジトリに対してメタデータを更新しません。 yumが更新に関する情報をダウンロードしていないことがわかった場合は、このオプションの値を下げてください。 d、h、またはmをそれぞれ追加することにより、デフォルトの秒の使用から日、時間、または分の使用に変更することもできます。デフォルトは6時間で、1時間に1回実行されるyum-updatesdを補完します。 「never」という単語を使用することもできます。これは、メタデータが期限切れにならないことを意味します。メタリンクファイルを使用する場合、検証のため、メタリンクはリポジトリのメタデータよりも常に新しい必要があるため、このタイムアウトはメタリンクファイルにも適用されることに注意してください。また、「never」は「yumcleanexpire-cache」をオーバーライドしないことに注意してください

0